コラム

ボールのもらい足は何種類あるか? 【バスケの大学ラジオ】23-7-19 第1119回

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

ラジオはこちら!聞き流しでどうぞ

今日はフットワークの話です。

パスにミートして、もらい足のフットワーク。

あなたは子供たちに何種類教えていますか?

  • フロント
  • リバース
  • 右、左
  • 左、右
  • ジャンプストップ
  • ストライドストップ

これ、数えたらきりがないんです。

無数にあります。

そんな中、わたしはたった1種類でいいと思っています。

それは

右から来たボールは、右足で

左から来たボールは、左足で

このキャッチだけでいいと確信しています。

このもらい方です。

理由としては、試合ではほとんどこのキャッチになるからです。

たくさんの技術はあります。

やればやるだけいい気がします。

でも、実際の試合で、競り合った場面で出てくる技術は、意外とシンプルなものばかりです。

わたしは数多くのゲームのフィルムを見て、もらい足はこの方法だけ練習すべきだと信じています。

今日のメッセージとしては、このもらい足が正しいとか、そういうことというより

自分の練習は、本当に試合で使うことだけやっているか?

という自問自答です。

コーチとして、常に自分の練習を振り返る視点として、「試合で本当に使うのか?」は大切だと思います。

最後までお読みくださり、感謝しています。ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ