Voicy&インスタ

大事な試合はだいたい60点代 #110 23-12-19 

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

男子インカレ決勝

12月17日、大学日本一を決めるインカレの決勝戦がありました

白鷗大71-68東海大 で白鷗大の優勝

どちらもディフェンスがすばらしく、いい意味でなかなか点が入らない好ゲーム

わたしは個人的に、ロースコアの試合は見ごたえがあって好きなので、ものすごく感動しました

両チームの健闘、そして白鷗大の関係者のみなさん、本当におめでとうございます

1分1ゴールが目安

わたしは今までの経験上、1分1ゴールが勝利への目安だと思っています

高校生で40分なら、80点

中学生で32分なら、64点

このくらいの点数が取れれば、かなり勝利の可能性は高いと思っています

大事な試合は60点代

しかし、80点を目指していながらも、ここ一番の大事な試合は80点入ることはありません

両チームの力が拮抗した場合、先日のインカレ決勝のようにディフェンスが重視になり、

得点がお互いに伸びないものです

わたしの経験上、大事な試合はだいたい60点代になると考えています

どの試合に勝ちたいか

選手たちに「何のために練習していますか?」と聞いたら、きっと「試合に勝つためです」という答えが返ってくるでしょう

それは決して間違っていませんが、もう少し具体的に考える必要があります

どの試合に勝つつもりで、練習しているのか?ということです

自分たちが強い場合

相手チームと比べて、自分たちの方が強い場合の試合

このときは何をやってもうまくいきます

ディフェンスで我慢しなくても、相手は勝手にシュートを外し、高さでリバウンドが取れます

多少ミスしても、何度も走ればまた速攻が出せます

「いけいけドンドン」のスタイルでも、相手より自分たちが強ければ、勝てるのです

自分たちが弱い場合

一方で、自分たちが弱い場合、いけいけドンドンでは必ず負けます

ディフェンスで我慢しなければ、一気に大量得点されます

少しのミスから、一気に点差が開きます

試合をする場合、自分たちと力が「同じ」ということはほとんどありません

ほとんどは「自分たちが弱いつもりで」戦った方が良い結果が出るものです

どの試合に勝ちたいか?

あらためて、どの試合に勝つことをイメージして練習するのか、を考えます

きっと「自分たちが弱い」想定の試合で勝ちたいはずです

だったら、日頃の練習の取り組みはどうすべきでしょうか?

我慢強くディフェンスする

1つのミスもしない丁寧さでオフェンスする

しつこい練習をやっているでしょうか?

日頃のイメージ

強いチームは、常に接戦で試合に勝つためのイメージを練習で持っています

そしてそれが伝統になっています

インカレの決勝で日本のトップの選手たちが我慢強くディフェンスする姿、丁寧にオフェンスする姿をぜひ見てください

我慢に我慢を重ねた60点代の試合をいつもイメージして、練習ができれば、そのチームは必ず強くなります

というお話です

ぜひインスタの方でも復習してくださいね

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひ画像をタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ