Voicy&インスタ

ダメなコーチがよくやる怒り方 #111 23-12-20

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

目線合わせでうまくいく

今日のVoicyのトークテーマがこれでした

目線合わせでうまくいく

わたしたち指導者が行っていることは、より明確な目線合わせと言っても過言ではありません

日々の練習はたんなる体力トレーニングではなく、選手同士、または選手とコーチの「目線合わせ」に他なりません

ダメなコーチがよくやる怒り方

これは「ルールを示さず、後から怒る」です

最初にルールを提示します。それができてなければ注意し、良くなる方法をともに考える

これがコーチの唯一にして最大の仕事なのですが、ダメなコーチは「ルールを示さない」です

選手からすると「後出しで突然怒られた」みたいになり、誰もが経験があると思います

わたしもよほど気をつけないと、これをやってしまうため、普段から意識しています

コーチが提供するもの

選手の成長を第一に考える「プレーヤーズセンタードコーチング」では、コーチは3つのものを与えなければいけません

  1. 適切な課題
  2. 適切な支援
  3. 適切な環境

どれが抜けても、選手の成長はないのです

適切な課題

指導者が明確なビジョンを描くことです

このチームを〇〇にしたい!

そのビジョンのもと、チームの目標、ルールなどを明確にしていきます

「自主性」と話題になった慶応義塾高校野球部の公式サイトには、チームのビジョンや約束事などが明確に書き出されています

「選手に考えさせる」「自主性」をうたう前に、やらないといけないことがあります。注意しましょう

適切な支援

ビジョンを描いたら、具体的な達成方針を伝えることです

たとえば、「遅刻を厳禁とする」というルールがあれば、たんなる「気をつけろよ」という一言だけでは適切な支援になりません

遅刻をしないための仕組み、班行動の指示、遅刻をするときの手続きなどを明確にしておきます

そのうえで、できたら承認、できなかったら「では、どうしますか?」と問いかけて、改善します

適切な環境

具体的なビジョンと達成方針を決めて、それに沿った支援を行う

支援に必要な環境があれば、それを整えるのもコーチの仕事です

体育館の確保、時間管理、予算管理から、ドリル1つ1つのやり方の指示、安全管理など多岐にわたります

基本的に怒る必要がなくなる

お気づきかもしれませんが、ここまでそろっていれば、怒る必要はほとんどなくなります

事前のビジョン、達成方針、ルールが大事です

それさえ明確に決まっていれば

  1. どうでしたか?
  2. どうしたいの?
  3. 先生に手伝えることがありますか?

この3つの質問だけ使えば、選手を成長に導くことができます

実はコーチがわかってない

よくいる叱責が多いコーチは、実はコーチ自身がよくわかっていないことが多いです

  • 明確なビジョンがない
  • 明確な達成方針がない
  • 明確なルールがない

というなかで、思いつきにより「何やってんだ!」と声を荒げてしまう。これが本音だと思います

ぜひとも気をつけたいものです

というお話です

ぜひインスタの方でも復習してくださいね

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひ画像をタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ