コラム

多数決は必ず失敗します

こんにちは、三原です。

今日のラジオはこちらです!

最近ですね、質問にお答えするコーナーと言うのをやってまして。

わたしはメルマガの受講者さんからいただいた質問にお答えすると言うことをやっています。

もしよかったら皆さんもメルマガ登録していただいて、メルマガ登録していただくと最初は「練習メニューの作り方」って限定の動画をプレゼントしてます。

また、わたしに質問ができるのほうもありますので。

ぜひこちらから登録してみてください

【指導者向け】バスケの大学 無料メルマガ講座こんにちは、三原です。 今まで、YouTubeやブログを中心にバスケの悩み解決になる情報発信をしてきた「バスケの大学」ですが、つい...

メンバー分けの質問

では、今日の質問を読み上げますね

我がチームは、力の差があり、分けると練習にならなくなります。

なので、ポジション毎ジャンケンとかで均等にしてやってますが、逆にスタメンで練習する時間が少なすぎます。

今年卒業した生徒からチームを分けられると嫌だと保護者を通じてクレームがあり、まあ、私が来たばかりで、トップダウン式にやったこともあり、意思疎通もできてないことも色々ありまして。

そんなことから、分けることがトラウマになってます。

今のチームとは色々話してるので、こういうことはないですが。

時に、チーム分けをしっかりしておかないと、ゾーンの練習にならなかったり、オフェンスでも本題に行く前にミスしたりして、どうかなと思います。

生徒に任せてしまえばいいのかもしれませんが、指導者が責任を逃れているという感じになりませんか?

すみません、長々となってしまいました。 多分、どれが正解とかでなく、自分なりに作り上げていくのがいいのでしょうが、あまりにも見本がなさすぎて、困っています。どうぞ、アドバイスお願いします。

ということですね。

あなたが決めてください

 

わたしの結論はですね、ちょっと厳しく行く感じになりますけど。

あなたが決めてください

これに尽きます。

心配になったのは1番最後で

見本がなさすぎて困ってます

バスケットボールって正解ないんですよね。

見本もないので、真似していいってもんじゃないっていうところがありますし。

もっと言うと、そこが面白いところじゃないかなぁと。

もし先生が決めて「このメンバーで行く!これで行くのが1番いいんだ!って言うふうに決めるんだったら、じゃんけんでメンバーを決めさせてはいけないです。

逆に、じゃんけんでメンバーを決めさせるのであれば、先生の中のベストメンバーで練習すべきって言う前提は捨てなきゃいけないって言う話ですね。

まぁ要するに、例えで言うとですね

ダイエットをしたいです。

痩せたいです。

でも食べたいです。

どうしたらいいですか。

みたいなことですね。

どっちがいいとかは、あくまで主観なんで、どっちでもいいんですよ。

 

 

痩せて、見た目を追求することが、自分にとっては幸せだ

これでもいいし、

食べることが幸せなんだ

これでもいい。

正解も何もないです。自分で決める事なんですね。

メンバーを固めてやりたいって言うんであれば、それをしっかり方針として打ち出して、そのことに関して意思疎通をして、納得をしてもらって。

メンバーを分けるけることが良いとか悪いこととかじゃなくて、説明不足が不信感の原因なんです。

だから、これでいくんだ!って決めたら、ぜひ説明をしっかりして、コミュニケーションを取っていくことです。ね

これは過去放送でお話をしました。

間違いがあるとすれば、多数決にすること

 

先生とかキャプテンとかのリーダーの仕事って、たったひとつ。

それって「決断すること」なんですよね。

だから

  1. メンバーに寄り添う
  2. メンバーの話を聞く
  3. 材料を出来るだけ集める
  4. 独断で決断する
  5. それを丁寧に説明する

という順番がすごい大事なんです。

ちなみにわたしのチームでは、試合に出るメンバー基準をこう決めています。

ここはわたしの決断したところなんです。絶対に曲げません。

そのなかでボトムアップ的に、メンバーを生徒たちに選ばせる。

そういったメリハリが必要です。

質問者さんはとてもまじめな方なので、いろんな人の意見とかを最後の決断に持ち込もうとして、悩んでいると思います。

そうではなくて、

  1. メンバーに寄り添う
  2. メンバーの話を聞く
  3. 材料を出来るだけ集める
  4. 独断で決断する
  5. それを丁寧に説明する

という(4)の「独断」、そして(5)の「説明」を大切にすると、より良いはずです。

というお話です。

 

バスケの大学研究室では

  • 三原にいつでも質問ができる
  • 三原の指導風景を共有
  • 全国の指導者とつながりがもてる

というコミュニティです。

文字中心で読み物として楽しみたい方は、フェイスブックで。

音声でラジオとして楽しみたい方は、YouTubeので。

2つのコースが用意されています。

ぜひ、こちらからのぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

ありがとうございました。三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ