Voicy&インスタ

ヘッドコーチが解雇される理由とは? 24-1-30 #150

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

NBAヘッドコーチ

「男と生まれたからには、一度はやってみたいことがある。

連合艦隊司令長官と、

オーケストラの指揮者と、

プロ野球の監督だ」

昔読んだ本で、この一文が印象に残りました

スポーツチーム、とりわけプロのヘッドコーチは、注目度も高く、非常に名誉ある仕事です

ストレス

しかし、名誉の一方で、わたしたちの想像を絶するストレスもあるはずです

ここ最近、NBAではヘッドコーチを解雇するニュースを聞くことが増えた気がします

それらの記事を読み、どんな理由でヘッドコーチが解雇されているのか、

それを深掘りしていくと、わたしたちの学びもあると思っています

人間関係が80%

ダラスマーベリックス時代に優勝したヘッドコーチ、リックカーライルはこう言います

NBAのヘッドコーチの仕事は、バスケが20%、人間関係が80%

プロチームでさえ、いやプロだからこそ、人間関係が大切だという言葉です

結局は技術じゃなく、人間関係、組織づくりというのは、非常に大事なキーワードです

コミュニケーション不足

現在イースタン2位(32勝14敗)のミルウォーキーバックス

この好成績にも関わらず、前日ヘッドコーチのエイドリアン・グリフィンを解雇しました

「負けたらクビ」のイメージが強いNBAですが、今回は勝敗以外に理由があるそうです

コミュニケーション不足が理由と言われます

合意形成

エイドリアン・グリフィンはヘッドコーチとしてのルーキーシーズンでした

一方バックスは、優勝を経験したメンバーも多く残っています

ヘッドコーチとしての方針、戦術面で「これをやれ」というのが強く出すぎてしまい、選手との合意形成が取れなかったと言われています

たとえば、ドロップディフェンスの名手であるブルック・ロペスに、ハードショウを強制するなどで、もめたそうです

マネジメント

ヘッドコーチは方針を示すことも重要ですが、それだけではなく選手の合意形成を図ることも大事です

それなくして、選手との信頼関係はありえません

自分の方針の主張と、選手の声を聞くことの両立は大変な仕事です

しかし、そのマネジメントに長けたコーチだけが、結果と共に生き残れるのかもしれません

チーム作りには時間がかかる

マイアミヒートのエリック・スポールストラは15年目の大ベテランコーチです

昨シーズン、相次ぐヘッドコーチ解雇のニュースに対して

「合理的とは思えない」

と発言しました

チームに良い文化を築くのは時間がかかる。たんなる勝敗で解雇したら、またゼロからのやり直しになる。もうちょっと長い目で見るべきだ、という旨の発言でした

ヒートのすばらしいカルチャーをつくったスポールストラならではの、深い言葉だと思います

まとめ

ヘッドコーチは憧れであり、重責である

たんなる勝敗も解雇の原因になるが、多くの場合はバスケ以外に理由がある

人間関係、コミュニケーション不足、合意形成が図れないことは、プロのみならず、わたしたち育成チームの指導者にも必須

加えて、良いチーム文化には時間がかかる。コーチが目指すのは目の前の勝ち負けと同時に、チームの文化構築で、とても大変な仕事だ、

というお話です

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ