Voicy&インスタ

練習は噓をつかない、は本当か? #97 23-12-6

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

練習は嘘をつかない?

本日のテーマは「練習は嘘をつかない」という話題です。

私の考えとしては、確かに練習は嘘をつかないと思います。

ただ、その解釈には幾分かの違いがあります。

よく言われる「練習は嘘をつかない」という言葉の本来の意味は、努力が報われるという励ましですが、私の見解は少し異なります。

私は、多くの時間をかけたことは上達し、時間をかけないことは下手になると考えています

20対80の法則

この考え方では、練習の良し悪し両方が結果に反映されるという意味です。

つまり、練習における選択と集中が重要だということです。

たとえば、日端の法則や2対8の法則を考えてみましょう。

この法則は、80%の結果がたった20%の努力から生まれるというものです。これはバスケットボールの練習にも当てはまります。

例えば、コンビニの売上の大部分が限られた商品から生まれるように、練習においても限られた部分に集中することが結果に大きく影響します。

この考え方を、私は「練習は嘘をつかない」という言葉で表現しています。

例)あるコーチの悩み

具体的な例として、ある若手コーチが試合で負けたとします。

このコーチは日々の練習に情熱を注ぎましたが、得点力不足で負けました。

この場合、練習内容が結果に直結しているのです。

このコーチは、走り込みやパス練習に重点を置いていましたが、シュート練習には時間を割いていませんでした。

練習内容を詳しく見ると、

  • ウォーミングアップ
  • パス
  • ゲーム練習
  • 走り込み

などに時間を割いています。

しかし、シュート練習はほとんど行われていませんでした。

このため、得点力に欠ける結果となったのです。

この例からわかるように、練習では何に時間を割くかが重要です。

シュートの練習をおろそかにすれば、試合で得点を上げるのは難しいです。

一方で、ディフェンスに集中すれば、相手の得点を抑えることはできるでしょう。

つまり、何を優先するかによって、結果が変わるのです。

選択と集中

最終的には、選択と集中が重要ということです。

全てに時間を割くことは不可能ですので、何に重点を置くかを決める必要があります。

これが指導者の大切な仕事の一つです。

1つの技術に特化することにより、他の技術を犠牲にすることもあるでしょう。

しかし、それがチームの強みとなる場合もあります。練習では、何に重点を置くかを明確にすることが大切です。

まとめると、「練習は嘘をつかない」という言葉は、単なる励ましではなく、練習における選択と集中の重要性を示しています。

時間をかけたものは上達し、そうでないものは下手になるという現実を受け入れる必要があります。

というお話です。

今日のお話、ぜひこのインスタから振り返ってくださいね。

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひ画像をタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

一番新しいのがこちらです

(↑画像はクリックできます)

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方は無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

10月3日までは2か月無料とのことです。

この期間に手に入れた本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ