Voicy&インスタ

トップダウンとボトムアップの使い分け #22 23-9-19バスケの大学ラジオ

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

またインスタグラムもアップしています。

短時間で復習ができるようにつくってあるので、教科書代わりにインスタのフォローもぜひどうぞ

ボトムアップ理論®とは

  • みんなが主役
  • みんなで成長
  • いきいきした組織

これがボトムアップ理論です。

ボトムアップの良さ

ボトムアップとは「下意上達」

選手が発想、創造をして、自分たちの決定でチームを動かすことです。

  • 自己決定なのでやる気が出る
  • 細かいところに気を配る
  • 責任感、達成感が生まれる

このあたりが良さです

ボトムアップの悪さ

逆に

  • 意見がまとまりにくい
  • 質が下がる
  • 時間がかかる
  • チームの方針が定まらない

このあたりが悪さです

トップボトムアップ

そこで、トップダウンとボトムアップを両方使うことが大事です。

  • 100%トップダウンは強制
  • 100%ボトムアップは放任

このどちらも望ましくないです。

2割のトップダウン

「?+?=10」という指導がボトムアップ理論の指導法。

最初の10、つまりチームのビジョンや達成方針は監督コーチがはっきりと示す。

基本的な生活習慣のしつけを行う。

ここが2割のトップダウンです

8割のボトムアップ

チームのビジョン、達成方針に沿って練習ができているか

どんな練習が必要なのか

PDCAサイクルを回して改善することは、選手主体で行う

ここが2割のボトムアップです

まとめ

  • 方向性はトップダウン
  • 改善はボトムアップ
  • 2:8の使い分け

この使い分けにより、選手の学びを主にする指導法がボトムアップ理論です、というお話です

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

一番新しいのがこちらです

(↑画像はクリックできます)

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方は無料で読めます。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ