Voicy&インスタ

子どもは成長するのが当たり前 24-6-29 #288

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください

 

今日は「子どもは成長するのが当たり前」というテーマでお話しします。

最近、ある保護者の方から質問をいただきました。

「成長できる生徒に共通する親のあり方を聞きたい」

という内容でした。

 

これは多くの親御さんが気になる点だと思います。

私自身も小学2年生の娘がいる父親として、日々考えていることです。

今回はこのテーマについて、私の考えをお話ししたいと思います。

 

子どもは自己肯定感と好奇心の塊

まず大前提として、子どもは成長するのが当たり前だという考え方を持つことが大切です。

髪の毛や爪が伸びるように、子どもも成長するのが自然なんです。

赤ちゃんは生まれた時、自己肯定感の塊です。

自分が世界の中心だと思っていて、自分にできないことは何もないと信じています。

また、好奇心の塊でもあります。

全てのことに興味があって、何でもやってみたいと思っているんです。

この状態がずっと続けば、素晴らしい大人になるはずです。

自分を信じ切り、興味のあることにすぐに行動する。

成長も早いだろうし、良い結果も出せるでしょう。

 

親が子どもの成長を邪魔してしまう?

しかし、多くの場合、大人になるにつれて自己肯定感や好奇心が減っていきます。

 

「自分はダメなのかも」

「こんなのやってもしょうがない」

 

と思うようになってしまうんです。

なぜこうなるのか。

それは、親が邪魔しているからなんです。

 

「こんなことをしたら危ないでしょ、やめなさい」

「そんなのはまだあなたには早いからやめなさい」

「なんで言うこと聞かないの」

「早くしなさい」

 

こういった言葉を親が言い続けることで、子どもの自己肯定感と好奇心を少しずつ奪っていってしまうんです。

 

親の役割は安全を守ること

でも、親が全て悪いわけではありません。

放っておいたら事故に遭ったり、怪我をしたりする可能性もあります。

命を守るために、ある程度の制限は必要なんです。

ただし、大事なのは最小限に抑えること。

子どもの成長を邪魔しない心がけを持つことが重要です。

 

子どもの話を真剣に聞く

では、具体的に親はどうすればいいのか。

 

私が大切だと思うのは、子どもの話を真剣に聞くことです。

 

人は誰でも自分の話を聞いてほしいと思っています。

自分が世界の主人公で、自分なりに頑張っているわけですから。

でも実際には、多くの人が自分の話をしたがるばかりで、相手の話を真剣に聞く人は少ないんです。

だからこそ、親が子どもの話を真剣に聞いてあげることが大切なんです。

 

世界中誰が聞いてくれなくても、親だけは話を聞いてくれる。

そんな安心感があれば、子どもは自己肯定感や好奇心を失わずに成長していけるでしょう。

 

バランスを取ることの難しさ

ここまで話してきて思うのは、理想と現実のギャップです。

私自身、娘に対してこの考えを実践しようと心がけています。

でも、完璧にできているかというと、正直難しいです。

つい口うるさくなってしまったり、子どもの話を聞く余裕がなくなったりすることもあります。

バスケットの指導でも同じことが言えます。

子どもたちは自然と上達するものです。

バスケットが好きになるのも当たり前。

でも、指導者として「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と言いがちです。

怪我を防いだり、技術を身につけさせたりするために必要なこともあります。

でも、それが行き過ぎると邪魔になってしまう。

この難しいバランスは、指導者、コーチ、親、全ての立場に共通する課題だと思います。

 

最小限の介入で最大限の成長を

結局のところ、子どもは成長するのが当たり前なんです。

親や指導者が成長させなければいけない、というより、むしろ邪魔をしないことが大切。

でも、完全に放っておくわけにもいかない。

そこで大切なのが、最小限の介入で最大限の成長を促すこと。

具体的には、以下のようなポイントを意識するといいでしょう。

  1. 「育てなければ」という強い思い込みを持ちすぎない
  2. 安全のために必要最小限の制限はする
  3. 子どもの話を真剣に聞く時間を作る
  4. 子どもの興味や好奇心を尊重する
  5. 失敗を恐れず、チャレンジを応援する

これらを心がけることで、子どもの自然な成長を邪魔せず、むしろ後押しすることができるはずです。

 

最後に

今回のテーマは、私自身も日々悩み、試行錯誤している部分です。

完璧な親や指導者になることは難しいかもしれません。

でも、子どもの成長を信じ、見守る姿勢を持ち続けることは大切だと思います。

皆さんも、子どもとの関わり方について、ぜひ一緒に考えてみてください。

子どもたちの未来は、私たち大人の関わり方次第で大きく変わるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

参考文献

created by Rinker
¥1,485
(2024/07/24 23:23:39時点 Amazon調べ-詳細)

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
1981年、東京都生まれ。早稲田大学大学院卒。学生時代にマネージャーとなり、バスケ指導者を志す。 22歳から高校バスケ指導を始めて、早稲田実業高校ではウインターカップ出場、関東新人大会優勝。現在は母校の安田学園高校で監督を務める。選手が主役のチーム作り「ボトムアップ理論®︎」により、日本の部活動モデル校を目指している。 2024年から早稲田大学男子バスケットボール部のヘッドコーチも務める 日々学んでいる指導体験をブログやYouTube「バスケの大学」で発信して、総フォロワーは30,000人を超える。 日本バスケットボール協会公認A級コーチ、ジュニアエキスパートコーチ。ボトムアップ理論®︎エキスパートコーチ。 月刊バスケットボールにて「まんが戦術事典」を連載中。著書多数。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ