Voicy&インスタ

お金とスポーツの勝利 意外な共通点とは? 24-1-17 #137

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

お金と幸せの関係性

Voicyのトークテーマです

お金はあればあるほど幸せなのか?

わたしはそうじゃないと思います

幸せはあくまで主観です

嫌なことをやってまでお金をたくさんもらうのは本末転倒

本当に自分がやりたいことをやり、後悔のない時間の使い方をするのが幸せだと思います

お金は大事

しかし、お金は大事だと言いきれます

理由は、お金がないと活動が続かないからです

たとえば、あなたはボランティアで人助けをするとします

時間や労力、あらゆる犠牲を投げうって人助けをする。お金は1円も受け取らない

一見美しいことのように思いますが、わたしはまったくそうは思いません

続けることが大事

自分を消耗しての人助けは、あくまで短期的なものにしかならず、発展しません

一時をのぞいて、結果的に誰も幸せにならない。これが自己犠牲です

人を助けるなら、自分の取り分も設計して、ちゃんと自分が安定するようにして、活動が長く続くようにするべきです

活動内容が素敵ならばなおさら、長く続けた方がみんなWin-Winになります

続けるためにはお金が必要です

スポーツの勝利も同じ

活動の継続、という観点で、スポーツの勝利も同じです

  • 勝たなくてもいい
  • 楽しければいい
  • バスケができればそれでいい

という姿勢は、まったく無報酬の自己犠牲のようなもので、そのうちチームの魅力がなくなります

活動を続けるためには、試合にある程度勝つ必要があります

勝つことで活動を続ける

大事なのは成果を出すことです

成果を出す組織を作ることです

スポーツで言えば勝利、企業で言えば利益

これらを定期的につくらないことには、その活動は立ち行かなくなり、やがて消えます

活動を続けるために、理想を追い求めるためには、勝利が必ず必要です

価値ある勝ちを目指す

結局、スポーツ指導では人間的な成長と、チームの勝利を両方目指すべきです

その一方ではダメですし、きっと活動が続かなくなります

企業が利益を上げることとよく似ていますね

企業の理念をうたうことと、利益の追及は両立すべきです

価値ある勝ちのダブルゴールが大事です

勝利の意味もはっきりする

勝つため、利益を上げるための目的も、この理解だとはっきりします

わたしたちが勝ちたいのは

  1. 自分たちのチームの理念があるからです
  2. そして永続的に活動したいです
  3. だから試合に勝ちたいのです

となります

勝てば何でもいい、儲かれば何をしてもいい、という道には行きません

わたしはこの考えでダブルゴールを捉えてます

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです。

ぜひ手に取ってお読みください。

created by Rinker
¥2,156
(2024/06/15 11:15:02時点 Amazon調べ-詳細)

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
1981年、東京都生まれ。早稲田大学大学院卒。学生時代にマネージャーとなり、バスケ指導者を志す。 22歳から高校バスケ指導を始めて、早稲田実業高校ではウインターカップ出場、関東新人大会優勝。現在は母校の安田学園高校で監督を務める。選手が主役のチーム作り「ボトムアップ理論®︎」により、日本の部活動モデル校を目指している。 2024年から早稲田大学男子バスケットボール部のヘッドコーチも務める 日々学んでいる指導体験をブログやYouTube「バスケの大学」で発信して、総フォロワーは30,000人を超える。 日本バスケットボール協会公認A級コーチ、ジュニアエキスパートコーチ。ボトムアップ理論®︎エキスパートコーチ。 月刊バスケットボールにて「まんが戦術事典」を連載中。著書多数。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ