Voicy&インスタ

選手のやる気を引き出すコーチが使う唯一の方法 24-1-13 #131

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

メルマガの質問

わたしはメルマガを発行していて、バスケコーチ仲間に無料で情報提供をしています

質問コーナーがあるのですが、そこで似たような質問を同じタイミングでもらいました

「バスケは好きだけど、体力的についていけない、仲間に技術で追いつけないと、ダメかもしれないという思いが子どもの気持ちの中によぎってしまうと思います。そんな選手がいたときにはどのように指導されていますか?」

もうひとつの質問はこちらです

「選手本人の希望と私が思うスタイルに相違がある場合はどちらに合わせればいいのでしょうか。ポストプレーをやらせたい子がいますが、本人は外でプレーがしたい様子です。瞬発力があってリバウンドが強いのでポストをやらせたいのですが、困惑しています」

 

指導者の目線だけ

わたしにとって、2つの質問はある共通点があります

指導者が見て思ったことだけしか書かれていないことです

どちらもわたしは「その子自身の話をじっくり聞きましたか?もし聞いてないのならば、ぜひとも聞いてみてください」と返答しました

  • 練習について行けないように見える子
  • 指導者の思いと違うプレーをする子

そんな子の心の内をまずは聞くことが、コーチングの第一歩だと思うからです

コーチング

コーチングとは

  1. 現状を把握する
  2. ゴールを描く
  3. 現状とゴールの差を埋める方法を相手の内側から引き出す

この3ステップです

答えは生徒の中にあります

話を聞かないコーチングなどありえません

アクティブリスニング

100%相手の話を聞き、信頼関係を作る

相手が話をすることにより、自分自身で解決に向かう

アクティブリスニングできれば、ほとんど多くの問題は未然に防げる魔法の杖

それがアクティブリスニングだと赤羽雄二さんに教わりました

わたしが目指すボトムアップ理論のチーム作りに欠かせないものです

できる人は少ない

しかし、話を聞くことはもっとも難しいスキルです

みんな自分のことを考え、認めてもらいたいという強い欲求があります

だからこそ、自分の話はするけれど、心から受け止めてくれる人は驚くほど少ない

わたしも気をつけないとついつい自分の意見を述べてしまいそうになります

アクティブリスニングできる人は、とても希少価値の高い存在なのです

やる気を引き出す

そんな希少価値の高い人間が、自分の指導者だったらどうでしょうか?

その選手は幸せです。全幅の信頼をよせるはずです

そして、日々バスケットボールに思い切りチャレンジでき、生き生きとやる気に満ち溢れた活動をすることができます

選手のやる気を引き出すことに長けたコーチがしていることは、「話を100%聞く」というシンプルな原理原則なのです

いざという時は聞いてくれる

日頃から100%のアクティブリスニングをしている指導者が、いざという時に「これだけは君に伝えておきたい」と言ったとします

きっとその生徒は、素直に聞き入れてくれることでしょう

もし疑問があれば、お互いに話し合うことができます。必ずうまくいくのです

信頼と絆が不可欠のコーチング。すべてはアクティブリスニングから始まります

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです。

ぜひ手に取ってお読みください。

created by Rinker
¥1,485
(2024/07/24 23:23:39時点 Amazon調べ-詳細)

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
1981年、東京都生まれ。早稲田大学大学院卒。学生時代にマネージャーとなり、バスケ指導者を志す。 22歳から高校バスケ指導を始めて、早稲田実業高校ではウインターカップ出場、関東新人大会優勝。現在は母校の安田学園高校で監督を務める。選手が主役のチーム作り「ボトムアップ理論®︎」により、日本の部活動モデル校を目指している。 2024年から早稲田大学男子バスケットボール部のヘッドコーチも務める 日々学んでいる指導体験をブログやYouTube「バスケの大学」で発信して、総フォロワーは30,000人を超える。 日本バスケットボール協会公認A級コーチ、ジュニアエキスパートコーチ。ボトムアップ理論®︎エキスパートコーチ。 月刊バスケットボールにて「まんが戦術事典」を連載中。著書多数。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ