バスケ

【永久保存版】バスケットボールの歴史を日本一わかりやすく 起源やルールの変遷、国際化の歴史など

こんにちは、三原です。

わたしたちの好きなバスケットボールは、いつどのように作られたのか、知ってますか?

競技の歴史を知ることで、愛着が湧き、ますますバスケットボールが好きになるはずです。

学校体育の授業の教材としても、活用してくださればと思い、この記事を書きました。

歴史なので諸説ありますし、細かなところは解釈も違うかもしれませんが、「わかりやすく」ということを優先して書いています。

YouTubeでも解説しています。ぜひこちらもご覧くださいませ。

1891年にネイスミス博士がつくった

バスケットボールは、1891年、アメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールドで生まれました。この方です。

ネイスミス博士は、YMCAという学校で体育教師をしていました。

ある日、学生からの一言で、バスケットボールを作るきっかけを得ます。

どのようにして博士は、世界への贈り物を作ったのでしょうか。

冬でもできるラグビーを

当時、体育の授業に一番人気があったのはラグビーでした。

しかし、マサチューセッツ州は冬になると大雪で、外で授業ができない日が多いんです。

代わりに体育館でやるのは、マット運動とか跳び箱。

今も昔も、体育の授業は球技が人気なので、学生からはこんな声が出始めました。

  • 先生、またマットですか?
  • もう飽きちゃった。ラグビーやりたいよ。
  • ねえ先生、体育館でもできるラグビー作ってよ!

こう言われたネイスミス博士は「たしかに!」と思いたち、作ってみる決心をしました。

ラグビーよりケガをなくそう

ラグビーはおもしろいスボーツです。

  • 走る楽しさ
  • ボールをつなぐ楽しさ
  • 攻守の切り替えの楽しさ

こんな楽しさをそのままにしつつ、博士はある考えを持ちました。

ラグビーはケガが多い。授業でやるからには、楽しさはそのままに、ケガをしないルールにしよう

なんとも優しい先生じゃないですか。

そこで博士は「ラグビーのどの場面でケガが多いのか」を分析しました。

すると、はっきりわかったことは「タックルするからケガをする」ということです。

じゃあ、タックルが必要のないルールにしよう

博士の試行錯誤は始まりました。

ゴールが空中にあればいい

タックルをするのはなぜかというと

  • ボールを持った人が走るから
  • ゴールが平面にあるから

この2つだと博士は考えました。

ボールを持った人が突っ込んでくるから、タックルする必要があります。

そして、ハンドボールやサッカーなどもそうですが、ゴールが平面にあるから、その周辺でぶつかり合いが激しくなるんです。

この2つの要素を排除するために、博士はこう考えたのです。

ボールを持った人は走るのを禁止しよう。

そして、ゴールは空中にあればいいんだ。

現在でもシュートを描くために美しい放物線を描くバスケットボールの魅力は、こうして生まれたんです。

3つの奇跡

ボールを持った人が走るのを禁止するのはかんたんです。

ルールをそう決めればいいんですから。

問題は、どうゴールを空中におくか?でした。

「うーん、どうしよう」と悩みながら体育館を見渡す博士。

ここで3つの奇跡が重なり、バスケットボールは産声をあげます。

  1. 倉庫に桃のカゴがあった
  2. ちょうどいい大きさのサッカーボールがあった
  3. ランニングギャラリーの高さが305cm(10フィート)だった

たまたま倉庫にあった桃のカゴを見て、博士はひらめきます。

これはいい、これをゴールにしよう!

しかもちょうどいい大きさのサッカーボールもあるじゃないか!

さて、問題はどうやって「空中」につけようか。。。

カゴとボールを手に、博士は体育館の天井を見渡します。

そこで「あっ!!」と思いつくのです。

ランニングギャラリーにカゴをつけよう!

ちょうどいい高さだし!

すばらしいのは305cmというのが、当時のランニングギャラリーの高さであって、それが現在でもそのままってとこですね。

偶然決まった305cmが、激動の歴史を乗り越えて、今も受け継がれているってストーリーが、わたしには奇跡としか思えません。

名前は「バスケット」ね

学生にこのゲームを説明し、さっそく授業でやってみることに。

めちゃくちゃ盛り上がったそうです。

当時の様子を描いたスケッチはこちら。

学生は本当に楽しんで、博士に感謝を伝えました。

  • ラグビーより楽しいよ!
  • 先生、ありがとう!
  • ところで、このスポーツ、なんて名前?

いやー、名前まで考えてなかったよ。って感じで博士は困りましたが、

じゃあ「バスケットボール」にしよう!

「カゴ」だからバスケットね。

こうして、バスケットボールはYMCAを中心に世界に広がりました。

学生からは博士の名前をとって「ネイスミスボール」という名前にしようと意見もあったそうですが、「恥ずかしいから、やめよう」と断ったそうです。

これもまた、博士の人柄が見えるステキなエピソードですね。

ルールの変遷

最初に行ったときは、ルールは13条ありました。

ポイントだけわかりやすくすると

  1. ボールをカゴに入れたら得点
  2. ボールを持ったら動けない
  3. お互いに接触しちゃダメ

ということです。

人数や競技時間は試行錯誤の末、今の形になってますが、ここでは、その他のおもしろいルールの変遷をいくつか紹介します。

バックボード

最初はランニングギャラリーにカゴがついてるだけだったので、観客が手を伸ばせば、ギャラリーからシュートをブロックしちゃえました。

そんなずるいことをできないように、バックボードは取りつけられたそうです。

バックボードがあるからこそシュートの技術は発展したわけで、これもある意味で奇跡ですね。

ドリブル

ボールを持った人は動けません。

パスかシュートかしか許されないルールでした。

その中で、ずる賢い人がボールを

  • ちょっと投げて
  • いっしょに走って
  • 自分でキャッチ

という技をやり始めました。

先生ー!あれズルですよ!

なんとかしてくださいよ!

でも一方で、こういう意見もありました。

いや、これはこれでおもしろい!

ちゃんとルールとして認めよう!

こうして、ドリブルが生まれました。

ドリブルがなければ、現在のようなバスケの楽しさはなかったでしょう。

ゴールをネットにした

桃のカゴは木でできてます。

ボールが入ると「ガボっ」とハマります。

今では信じられないですが、

  • シュートが入ったら
  • いちいち棒で突っついて出して
  • ジャンプボールで再開

こうやってたそうです。

このツイートの動画、めちゃ貴重じゃないすか?

いちいち棒で突っついて出す。

当たり前ですが、めんどくさいです。

なので、カゴのフチだけ残して、下はネットにしました。

こうすることでボールが通過するわけですね。

通過すれば、いちいちジャンプボールもしなくいいよね?となります。

現在のようなトランジションが生まれました。

わたしとしてはここが一番大きなポイントだったと思います。

このようにしてバスケットボール最大に魅力である

  1. 混ざるスポーツ
  2. 切り替えのスポーツ

という2大要素が、見事に形になったわけです。

国際化の歴史

これだけおもしろいバスケットボールが世界に広まるのは、時間の問題でした。

広まれば大会を行おうとなるのは自然な流れでして、地域同士や国同士の試合をやろうとなります。

しかし、多くの国や地域でルールがずいぶんと違ったそうで、それを合わせる必要がありました。

FIBAは1932年にできる

そこで国際バスケットボール連盟、通称「FIBA(フィーバ)」が誕生です。

1932年、ヨーロッパでのことでした。

FIBAは今でも、国際バスケットボールの普及、発展に努めています。

オリンピックは1936年から

国際大会といえば、当然オリンピックですよね。

オリンピックは1936年のベルリン大会から、男子バスケットボールが正式種目になりました。

女子は1976年のモントリオール大会で正式種目に。

オリンピックのバスケといえば「ドリームチーム」なんて言葉が生まれたように、アメリカが通算成績では男女ともトップです。

2021年の東京大会からは、3人制バスケ「3x3(スリーエックススリー)」も正式種目になります。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1244875914220953601?s=20

おわりに

バスケットボールの歴史をわかりやすく語りました。

バスケットボールはまだまだ未完成であり、魅力がたっぷりのスポーツです。

だからこそ、世界の競技人口で1位のスポーツなのです。

これからもバスケットボールを楽しみ、このすばらしい文化財を次世代につなぎましょう!

YouTubeでの解説は、もう少し詳しくしています。

そちらもぜひご覧になってくださいませ。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する