Voicy&インスタ

名将のチーム作りには「型」がある 24-1-21 #141

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

コーチカンファレンス

2024年1月20日、「第9回JBAコーチカンファレンス」に参加しました

日本代表トムホーバス監督、ドイツ代表ハーバート監督が登壇されました

 

チーム作りの型

お二人の話は大変勉強になりましたが、名将のチーム作りには共通点が多いと気づきました

そしてわたしのメンター・赤羽雄二さんに教わったマネジメントの型にとても似ていました

  1. ビジョンを描く
  2. 達成方針を描く
  3. アクションを決める
  4. タスクを決める
  5. KPIを決める
  6. KPI進捗確認会議をする

詳しく見ていきます

①ビジョン

ビジョンは夢のような目標を描くことです

すべてはここから始まります

ハーバート監督は「3年連続でメダルを取る」と発言したら、笑われたそうです

ホーバス監督も女子代表のとき「金メダルを取る」と宣言しました

まずは人に笑われるくらいの夢を語るのです

②達成方針

ビジョンを達成する具体的な方針を決めます

ホーバス監督はこれらを明示しました

  1. アナリティクスバスケ(データ重視)
  2. メンタルタフネス
  3. チームルールを徹底

さらに代表チームの場合、これらに望ましい選手を決めることも大事です

③アクション

達成方針をもとに、アクション(戦術)を決めます

戦術を達成するための練習方法も決めます

日本代表は以下のようなアクションだったと思われます

オフェンスは

  • スペースとペース
  • 5アウト
  • 3ポイント

ディフェンスは

  • ハイプレス
  • 多様なオンボールスクリーン

リバウンドは

  • タグアップ
  • ステップスルー

 

④タスク

アクションが決まったら、選手個人の役割を明確にします

ホーバス監督も、ハーバート監督も「自分の役割を知り、仲間の役割を知る」重要性を何度も話されていました

W杯の日本代表選手は、キャプテンの富樫選手をはじめ、個性的な魅力ある選手たちがそろっていました

選手の魅力は明確な役割分担のもとで発揮されるのです

⑤KPI

個人のタスクが明確になったら、数値目標を決めます

  • 個人の数字
  • チーム全体の数字

これを決めて、絶えず成長を測定します

ホーバス監督は「ppp1.0以上」など基準を明確に持っていて、数字を大切にしていることが昨日のコーチカンファレンスでもよくわかりました

⑥KPI進捗確認

ここまでやってチーム作りはスタートですが、順風満帆に行くはずがありません

選手の声を聞き、進捗を確認するのです

コーチが要求を伝えることも大事ですが、選手の意見をアクティブリスニングすることもとても大事だと感じています

自己決定は責任と行動力の源です

できるだけ自分で決めていき、目標達成をサポートするコーチングを心がけます

文献

今日の参考文献はこちらです。

ぜひ手に取ってお読みください。

created by Rinker
¥1,188
(2024/06/15 11:44:54時点 Amazon調べ-詳細)

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
1981年、東京都生まれ。早稲田大学大学院卒。学生時代にマネージャーとなり、バスケ指導者を志す。 22歳から高校バスケ指導を始めて、早稲田実業高校ではウインターカップ出場、関東新人大会優勝。現在は母校の安田学園高校で監督を務める。選手が主役のチーム作り「ボトムアップ理論®︎」により、日本の部活動モデル校を目指している。 2024年から早稲田大学男子バスケットボール部のヘッドコーチも務める 日々学んでいる指導体験をブログやYouTube「バスケの大学」で発信して、総フォロワーは30,000人を超える。 日本バスケットボール協会公認A級コーチ、ジュニアエキスパートコーチ。ボトムアップ理論®︎エキスパートコーチ。 月刊バスケットボールにて「まんが戦術事典」を連載中。著書多数。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ