Voicy&インスタ

1年間を過大評価するな #121 24-1-2

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

#ちょうどいい目標設定

昨日の放送に引き続き、

新年の目標設定についてお話しします

わたしたちは、1年間を過大評価しがちです

一方で、10年間を過小評価しがちです

小さな習慣

自分の人生を変えるには、2つしか方法がないと思っています

1つは、一気に環境を変えて、人間関係を変え、たった3ヶ月で決着をつける方法

もうひとつは、小さな習慣の力で、こつこつと結果を変えて、10年間で人生を変える方法

今日の話は後者です

10年あれば

10年あれば、たいていのことはできます

たとえば、バスケットボールの競技経験、指導経験がない人が、監督になった

今日一日で、何か成し遂げることは、できないかもしれません

1年間で、目覚ましい成果を上げることは、できないかもしれません

でも、10年あれば、すばらしい監督になることはできます

10年あれば

今よりも体を鍛えたい

英語をしゃべれるようになりたい

こんなことも、10年あれば可能です

ほんの小さな行動を続ければいいのです

毎日、腕立て伏せを10回する

毎日、中学1年生の英語の教科書を音読する

続けたか、続けないか、それで結果がまるで違うのはあきらかです

1年を過大評価する

しかし、その小さな行動をバカにして、1年間を過大評価しがちです

毎日腕立て伏せを10回したところで・・・

毎日教科書を音読したところで・・・

これを1年間続けたところで、いったい何になるんだ??

そう思えて、区切りを1年間だけで考えてしまうのです。ここに大きな注意点があります

大きなことをしすぎるか、辞めるか

毎日の腕立て伏せを10回じゃなくて、毎日1時間ジムに通おう

教科書を音読じゃなくて、毎日2時間、英語塾で学ぼう

それが続けばさぞすばらしいですが、

大きな行動は習慣になりにくく、長続きしません

かといって、3ヶ月で決着をつけるほどのことでもなければ、

ほとんどは途中でやめてしまい、無駄になってしまいます

だったら毎日できることを、1年と言わず10年続ける。そうすればたいていのことはできます

成果がまだ出てないけど

あなたの中に、実はまだ成果が出ていないけど、続けている良い習慣、ありませんか?

成果が出なくて、辞めてしまおうかと思っていること、ありませんか?

10年続ければ、小さな習慣から大きな結果が得られないでしょうか?

10年後を見据えて、その過程として2024年の行動目標を立ててみましょう

はじめは小さな行動習慣でいいのです

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

created by Rinker
¥949
(2024/02/26 21:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

ぜひリンクをタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ