Voicy&インスタ

バスケを嫌いにさせるたった1つのコツ #104 23-12-13

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

質問いただきました

Voicyのコメント欄で以下の質問がありました

ミニバスの保護者です

息子のチームの練習時間が長すぎる気がします。

土日は基本的に4時間半、長ければ7時間以上です

逆効果な気がするのですが、どう思いますか?

指導者の熱意がすばらしい

わたしは個人的に、長すぎる練習は、短すぎる練習以上に良くないと思っています

しかし、平日に加えて、土日に長時間練習を行う指導者の熱意は、すばらしいと思います

自分の中で最善を尽くしている、その指導者の熱意を否定するつもりはありません

そのうえで、わたし個人の考えを述べさせてもらいます

よくある相談

中高の教員として、面談などで保護者から受ける相談で、ダントツの1位はこれです

「先生、うちの子はぜんぜん勉強しません」

「家ではゲームばっかりやっています」

なぜ、多くの家庭がこの悩みを持つのでしょうか

一言でいうと、勉強はつまらなく、ゲームはおもしろいからです

なぜゲームはおもしろいか

バスケ指導者としては、まるでゲームのように「家ではずっとバスケばっかりやってます」と言われたらこんなに嬉しいことはありませんよね

では子どもにとって、なぜゲームはそこまでにおもしろいのか。いろいろあると思いますが

  1. 目的がはっきりしている
  2. 自分の思い通りできる
  3. 成長が実感できる

言語化するとこのようなところだと思います

強制力

勉強にやる気が出ないのはこの逆だからです

  1. 何のためにやるのかわからない
  2. できないこと、苦手が多い
  3. 成長が実感できない

加えて、親や教師からの強制力が働きます

「宿題やったの?」

「勉強しなさい」

「ゲームなんかやめなさい」

これらが重なって嫌いになるんだと思います

ゲームを嫌いにするならば

もし、子どもたちからゲームを嫌いにさせるのであれば、1つの方法はゲームを親が強制することです

今日は〇〇時まで必ずゲームをやりなさい

ここまでクリアしなきゃ寝ちゃダメです

休憩しちゃいけません

これじゃなくて、あのゲームをやりなさい

勉強なんてしないで、ゲームをしなさい

これを年中言っていれば、子どもはゲームを嫌いになるでしょう

努力量

一流の選手は結局、バスケに費やした時間がどれだけ長く持てるかです

イチローは365日、寝る前に10分の素振りをした。だからイチローになれた

努力量が圧倒的な人だけが一流になります

であれば、チーム練習の目的は「帰ってからもずっとバスケのことを考えちゃう子にする」の一点に尽きます

長すぎるチーム練習は、お腹いっぱいの状態にしてしまう可能性が高いです

24時間バスケを考える子に

練習が終わった時に「え?もう終わり?」

休みの日は「練習したいなあ。うちは練習が少なすぎるよ」

練習中は「待ってました!」と張り切って練習

帰り道は友達とバスケの話を楽しそうにする

家ではハンドリングをしたり、バスケの動画を調べたりする

「うちの子は(バスケという)ゲームしかしないんです」にすることが、チーム練習の目的です

であれば、長すぎる練習よりも、短すぎる練習の方がよい、とわたしは考えます
というお話です

インスタでも復習できます。ぜひご活用くださいね

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひ画像をタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ