Voicy&インスタ

他人を変える唯一の方法 24-5-31 #262

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください

https://voicy.jp/channel/4018/1264828

 

トークテーマ

Voicyのトークテーマ

#他人を責めたくなった時

これについて話をします

わたしもついつい他人にイライラして「なんで○○しないんだ」と言ってしまうことがあります

他人を変える

「他人を変えることはできない」

「変えられるのは自分だけ」

とよく言われます

他人は自分の鏡であり、他人を変えようとするのは、鏡の中に手を突っ込んで髪型を変えようとするものだ

自分が髪形を整えれば、鏡の中も変わる

そうよく言われます

でも変わってほしい

しかし現実は、他人に変わってほしいと思うことはよくあります

親、教員、コーチという立場であれば、なおさらです

  • こういった行動、考え方をしてほしい
  • どうしたらそれが伝わるのか
  • 自分が何をしたら、相手に良い影響を与えられるのか

こんな悩みは本当に多くあります

ポジティブフィードバック

他人は変えられない、が原則です

しかし、もし唯一の方法があるとすれば

それは「ポジティブフィードバック」です

ポジティブフィードバックとは、他人の良い行動や成果を認めて、それに対して肯定的な反応を示すことです

ほめる

良い行動を見つけたら、素直に褒めることが大切です

「全力で走り、すばらしいディフェンスだったよ」

「いつも早く来てくれてありがとう」

できるだけ具体的な内容を伴った褒め言葉が効果的です

タイミングを逃さず、その時に言うべきです

感謝する

感謝の気持ちを伝えることで、相手は自分の行動が認められていると感じます

「今日も、スコアをつけてくれてありがとう」

「一緒にいてくれて助かったよ。ありがとう」

「褒める」はどちらかというと上下関係なのに対して、感謝はどんな相手でもできます

上司に向かって「部長、よくできましたね」というと誤解を生むこともありますが、「ありがとうございます」は何度言っても良い言葉です

良い影響

褒める、感謝するを総称してポジティブフィードバックと言います

ポジティブフィードバックは相手に良い影響を与えて、相手を内側から変えることになります

自分の気持ちを伝えて、結果的にその影響で相手を変えることができるとすれば、それはポジティブフィードバックしかありません

そして常にポジティブフィードバックを心がけると、いつでも感謝を見つけようという発想になり、自分自身にも良い影響があると思っています

 

参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひお読みください

created by Rinker
創元社
¥2,200
(2024/06/15 00:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

 

ABOUT ME
三原学
1981年、東京都生まれ。早稲田大学大学院卒。学生時代にマネージャーとなり、バスケ指導者を志す。 22歳から高校バスケ指導を始めて、早稲田実業高校ではウインターカップ出場、関東新人大会優勝。現在は母校の安田学園高校で監督を務める。選手が主役のチーム作り「ボトムアップ理論®︎」により、日本の部活動モデル校を目指している。 2024年から早稲田大学男子バスケットボール部のヘッドコーチも務める 日々学んでいる指導体験をブログやYouTube「バスケの大学」で発信して、総フォロワーは30,000人を超える。 日本バスケットボール協会公認A級コーチ、ジュニアエキスパートコーチ。ボトムアップ理論®︎エキスパートコーチ。 月刊バスケットボールにて「まんが戦術事典」を連載中。著書多数。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ