コーチング

ウインターカップは背の低いチームを見ましょう (バスケットボール理論)

こんにちは、三原です。

今日(2019年12月23日)から「ウインターカップ」が東京で開催されます。

各都道府県の代表となったチームが日本一をかけて戦い、高校バスケの頂点を決める大会です。

どんどん注目度の高まる大会、今年も楽しみですね。

さて、指導者としての視線、または中高生がプレイを参考にするという点で、わたしの考えは、

平均身長の低いチームを見ましょう!

これに尽きます!

そもそも、ウインターカップに出てくるのって、ざっくり言って100校に1校なんです。

すごいことです。100人に1人の存在ですよ!

普通じゃないわけです。

じゃあ何が普通じゃないのか? それは次のうちどっちかです。

  • 普通じゃない能力の選手がいる
  • 普通じゃない作戦で戦う

両方とものチームが日本一になるのでしょうが。。。とりあえず、わたしたちが参考になるのはどっちか。

それはもちろん、

普通じゃない作戦で戦う

こちらですよね。

わたしもそうですが、多くの指導者の悩みは「今いる子供たちをどうやって1つでも多く勝たせるか」です。

普通じゃない能力の選手がそろうことなんて、まずないです。

選手の視点もそうだと思います。

今より少しでもうまくなりたい。ライバルに勝ちたい。

自分に能力はなくても、努力と工夫でうまくなりたい。

そう考えると思います。

決勝戦とかも見ごたえはあるでしょうし、そこまで行くチームは個人能力と同時にチームプレイが優れているのだと思いますが、

わたしたちが参考にすべきチームは、そこではありません。

  • 全国に出れば、1回か2回で負けてしまう
  • でも毎年のように全国には出る

こういうチームからこそ学べるのです。

そのような「普通じゃない作戦で勝つ」チームはどこなのか?

それを探す目安は、平均身長です!

平均身長が最も低いチームを見つけて、そこから学びましょう。

男女とも数チームを対象にして、お気に入りのチーム、お気に入りのプレイを見つけるのです。

  • 今いる子たちを勝たせるヒントが欲しい。
  • 今よりももっとうまくなりたい。

そういう願いを表現してくれるのは、平均身長が低いチームです。

最初に言ったように、100人に1人しかウインターカップに出られないのです。

普通の人じゃ出られません。

しかも背が低ければ、絶対に「普通じゃないことをやってる」わけです。

そして平均身長が低いゆえに、たぶんわたしたちでも真似できる部分が多いはず。

そんな視点でウインターカップを研究することをおすすめします!

なお、男子の監督さんに一言。

絶対に女子の試合も見ましょう!

女子のほうが、組織的に優れたプレイが多いです。

男子のほうが結局は能力任せな勝負になりがちです。

だからわたしたちにとっては、女子の試合のほうが学べると思います。

年に1度のウインターカップ、チームの皆さんのがんばりを応援します。

そして、そこからわたしたちも学びましょう!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する