ディフェンス

ハイポストのディフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ハイポストのディフェンス」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリット

  1. ハイポストにボールがある利点が理解できる
  2. ハイポストにパスをされない方法が具体的にわかる

バスケットボールでは、制限区域のエリアを大きく分けて「ロ―ポスト」、「ハイポスト」と呼びます。

ロ―ポストは、ゴール下近辺です。

ハイポストは、フリースローライン近辺です。

ロ―ポストは即シュート、即得点につながるエリアなので、そのディフェンスは最重要とも言えます。

そして今回は「ハイポスト」のディフェンス方法を解説します。

 

ロ―ポストがシュートに最適なエリアなのに比べて、ハイポストは「パス」に最適なエリアです。

コートの中央なので、ハイポストからは360度どこにでもパスが出せます。

そのため、ハイポストにパスをつながせると、良い得点チャンスを作られてしまいます。

ロ―ポストと同様に、ハイポストもパスをつながせないようにディナイするのです。

下の図を見てください。

#1がトップでボールを持ち、#2がウイングにいます。

そして#3がハイポストです。

このハイポストにパスをつながせないようにディナイします。

次に、#1から#2にパスが出されたとします。

このときの注意点は、ハイポストのディナイは必ず「後ろを通って移動」することです。

ロ―ポストは「前を通って」でした。

ハイポストで、ロ―ポストと同じように前を通ってしまうと、ゴール下に広くスペースがありますから、裏のプレイ(バックドア)をされてしまいます。そのために必ず後ろを通らなければなりません。

そして後ろを通って、ボールのある側からディナイします。

写真で見ると次のようになります。

ハイポストのディナイは、後ろを通ってポジション移動していることがわかります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

ハイポストは、パスに最適のポジションです。

特にボールマンプレッシャーと、45度へのディナイが激しいときは、ハイポストにつなぐことが有効です。

逆に言えば、ハイポストへのパスをディナイしてしまえば、オフェンスにとっては逃げ道がなくなるわけです。

それほど重要なディフェンスだと言えます。

ディフェンスで相手を圧倒して試合を優位に進めたいならば、このハイポストのディナイを強めましょう。練習の成果は、必ず試合で発揮されるはずです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!