『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールの【ポスト・カバーダウン】ディフェンス

2019/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ポスト・カバーダウン」というお話をさせて頂きます。

バスケットボールにおいて、ポストにボールが集まることは、とても効果的な攻撃方法です。

逆にディフェンスにおいて、ポストにパスを入れさせないことは最重要と言ってもよいほど大事なことです。

もちろん、パスをさせないように止めてしまうことが一番ですが、パスが通ったらと言って「ジ・エンド」というわけではありません。なぜならば、得点をされたわけではないからです。

そこで今回は、ポストにボールが入った後の「カバーダウン」について説明します。カバーダウンと言っても、早い話が「ポストつぶし」です。ポストは1対1であれば、圧倒的にオフェンスが有利です。それならば1対2にしてつぶしてしまえば良いのです。特に小さいチームには必要不可欠なディフェンスになります。

まずは下の図を見てください。

#3がロ―ポストでボールを持っています。

ボールマンにマッチアップしているCは、エンドラインを抜かれないようにします。ややエンドライン側に偏ったポジションを取ります。なぜかと言えば、ミドル側に行かれても、AとBのカバーが期待できるからです。

しかし、AとBは上の図ではカバーダウンしていません。ただ#1や#2の前に立っているだけです。ではどうするのか?下の図のようにピストルの姿勢になり、ローポストに寄ればよいのです。

写真で見ると次のようになります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

注意点としては、コートの中央に背中を向けないようにすることです。写真のように、コートの広い方が視野に入るような向き方でピストルになりましょう。

上の写真では、完全にロ―ポストに寄っていることが分かります。

ポストマンがドリブルをしたら、すぐにスナップしてボールを奪ってしまいましょう。

次はハイポストのカバーダウンです。

下の図と写真のようになります。

ハイポストのボールマンがドリブルをすれば、Aがすぐにスナップできるポジションを取っていることがよくわかると思います。

ただし、ハイポストのカバーダウンでは1つだけ注意することがあります。

それは、「ハイポストは45度からはカバーダウンに行かない」ということです。

上の写真では、45度のBがピストルの姿勢ではなく、ディナイの姿勢を保っていることがわかります。

なぜカバーダウンに行かないのか?それは、ピストルの姿勢になると、バックドアカットを簡単にされてしまうからです。下の図のような状況です。


もう10年以上前になりますが、私の指導不足で、上の図と全く同じ状況でBがカバーに行ってしまい、#2にバックドアからのレイアップをされて、逆転負けをした苦い思い出があります。残り1.4秒での出来事でした。昔のことでも、こういうことは良く覚えているものですね。

ポストはオフェンスにとって「チャンス」です。

ディフェンスにとっては「ピンチ」です。

しかし、バスケットボールの面白いところは、がんばればピンチをチャンスに変えることができることです。

もしかしたら人生も同じかもしれませんね。

チーム全員でディフェンスすれば、ピンチをチャンスに変えられます。

練習は必ず良い成果として表現されます。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.