ディフェンス

クローズアウト  マンツーマンディフェンスのスキルを解説

こんにちは、三原です。

クローズアウトというマンツーマンディフェンスのスキルを解説します。

  • ボールマンのプレッシャーが弱い
  • かんたんにシュートを打たれてしまう
  • なぜかうちと試合するときだけ、相手のシュート率が高い気がする

こんな悩みをお持ちだとしたら、きっとクローズアウトができてないんです。

YouTubeの動画講義の方がいい方はこちらをどうぞ。

音声だけ聞き流してもわかるようにつくってあります。

半分ダッシュ、半分スタター

クローズアウトとは、ボールから遠い位置にいる選手にスキップパスが飛ばされて、それをつかまえに行くディフェンスのことです。

長い距離をダッシュしてつめるんですが、そのまま走り切るとドリブルで「スコン」と抜かれてしまいます。

そこで距離をつめるコツは

  • 半分の距離まではダッシュ
  • もう半分はスタターステップ

という方法です。

写真で見るとこんな感じ。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

スタターステップとは、足をバタバタさせることです。

小刻みに動かすことで、相手がドリブルで抜いてきても、対応しやすくなります。

だんだん足を広げよう

もう1つのコツとしては、スタターしながら徐々に足幅を広げることです。

足幅を広げて、自然とボールマンスタンスの構えを作りましょう。

ワンアーム(腕1本分)の距離になったら、クローズアウトは完成です。

なお、ボールマンディフェンスの詳しい姿勢はこちらの記事をお読みください。

手は下から上に、大きくあげる

クローズアウトの目的はシュートさせないことです。

なぜならシュートされたら誰もカバーできないけど、

ドリブルされるには他のカバーがなんとかできますからね。

なので、手を大きくあげることはすごく重要です!

手が大きく上がっているだけで、相手のシュート率はかなり下がります。

そもそも、打つのをやめてくれるかもしれません。

あげ方のコツは、下から上にあげることです。

もう一度同じ写真をどうぞ。

重心を後ろに置き、手を下から上にあげていきましょう。

重心が後ろなら、ドリブルで抜かれにくい姿勢も作れます。

おもしろい表現としては「相手の鼻の穴に、指を突っ込んでやれ!」というコーチがいました。本当にやったら退場ですがww

下から上に手をあげるイメージはわかりやすいと思います。

できればクローズアウトはしたくない

今までクローズアウトのやり方を説明しといてなんですが、

クローズアウトはできるだけしたくないです。

というのも、ディフェンスが圧倒的に不利だからです。

  • シュート止めようとして出る
  • 出たらドリブルで抜かれる

という後出しジャンケンをオフェンスに強いられるわけです。

たとえば、こんな場面です。

ドライブで抜かれたからローテーションをして止めた。

そこにパスが飛ばされて、クローズアウトが発生。

こうなるとオフェンスが圧倒的に有利なんです。

なので、ディフェンスはできるだけ1対1で止めきり、クローズアウトを発生させないように努力しましょう。

オフェンスにとっては最高

逆に言えば、クローズアウトを発生させることは、オフェンスにとって最高の状況です。

オフェンスの目的=クローズアウトの発生

と言い換えてもいいでしょう。

クローズアウトができれば、それ以降のディフェンスは後追いになりますから、オフェンスは必ず良いシュートにつなげることができます。

なので、オフェンスはディフェンスにクローズアウトをさせることを意識しましょう。

具体的にはペイントを攻めて、ディフェンスを収縮させることです。

  • ドライブしたり
  • カットインしたり
  • ポストプレイしたり

これらの目的は、たんにゴール下でシュートするだけでなく、ディフェンスを収縮させることにあると理解しましょう。

まとめ

  • 今日のまとめ
  • クローズアウトとは間合いをつめるディフェンス
  • 半分の距離はダッシュ
  • もう半分はスタターステップ
  • 少しずつ足を広げる
  • ワンアームになったら完成
  • 目的はシュートさせないこと
  • だから手をあげる
  • 手は下から上に大きく
  • 重心は後ろ
  • クローズアウトは危機的状況
  • できるだけしたくない
  • 逆にオフェンスはクローズアウトさせよう

というお話です。

 

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する