オフェンス

【バスケ】ゾーンの攻め方 苦手なチームはここがわかってない?

こんにちは、三原です。

今回は「ゾーンの攻め方 苦手なチームはここがわかってない?」というお話です。

  • ゾーンの攻めが苦手
  • ゾーンのオフェンス方法をうまく教えられない

この記事にたどり着いたあなたは、そう考えていませんか?

この記事を読むメリットは

  • なぜゾーンが攻めにくいのかが理解できる
  • ゾーンを攻めるポイントがわかる

ということで、悩みを解決することができるでしょう。

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報発信を毎日しています。

動画講義はこちらをどうぞ!

ゾーンの攻め方 苦手なチームはここがわかってない?

今まで、本当にたくさんの試合を見てきましたが、

  • マンツーマンはうまく攻められるのに
  • ゾーンをされたとたんに、急に得点が止まる

という試合をよく目にします。

というか、わたしも指導していて、経験があります。

これってなんでかな?と考え抜いた結果、

マンツーとゾーンと、攻めるときに「目のつけどころ」を変えなきゃいけない。

という結論になりました。

それをあなたにお届けします。

ゾーンは動いた「後ろ」がノーマーク

よく「マンツーもゾーンも同じに攻めてしまえ!」と教える方がいます。

わたしは、やっぱりちがうと思います。

なにが決定的に違うかといえば、

  • マンツーマンは「動いたところ」がノーマーク
  • ゾーンは「動いた後ろ」がノーマーク

ということです。

たとえば、#1がボールを持っていて、#3がハイポストにフラッシュしたとします。

マンツーマンなら、「動いたところ」なので#3自身がノーマークになります。

#1はそこにパスをすれば攻めにつながる。簡単ですよね。

でも、同じプレイをしても、相手がゾーンだと、パスが通りません。

#3がノーマークにならないからです。

どこがノーマークになるかと言えば「動いた後ろ」の#2です。

#3のフラッシュにディフェンスがついて行ったら、その後ろに#2が動く。

ここがノーマークになるんです。

この目のつけどころがわかっていれば、ゾーンオフェンスは簡単です。

間を攻めろ

#1がディフェンスの2人の「間」をドリブルしたとします。

AとB、どっちが守って来るでしょうか?

これはきっと

  • AとB、両方来る か
  • どっちもこないか

そのどちらかです。

だからディフェンスの「間」を攻めることは、ディフェンスからして困ることなのです。

これはマンツーマンを攻めるときはないポイントです。覚えておきましょう。

パスは早く、人はゆっくり

パスを回せば、人がそんなに動かなくてもノーマークになります。

これもマンツーマンには通用しない考え方です。

たとえば、#1が#4にパスをします。

#4はディフェンスの間にいますから、パスが入ったら「2人とも」寄ってくるでしょう。

そして、酔ってきたら#1にパスを返します。

パスが返ると、ディフェンスは2人とも広がります。

  • そしたらまた#4にパス。
  • ディフェンスはまた寄る
  • パスを返す。

これを何度もくり返すと、ディフェンスは寄るのがめんどくさくなってきます。

バカらしくなって、寄ってこなくなるのです。

そしたら#4がシュートしちゃう。

すごく単純ですが、ゾーンオフェンスはこんなもんです。

パスだけパッパッと回せば、人はそんなに動かなくてもノーマークになります。

エンドラインにボールを落とせ

これはマンツーマンでも同じことが言えますが、

ボールがエンドラインにあると、ディフェンスは「ボールとマークマン」両方を見えないのです。

この図なら、ディフェンスはボールとマークマンの両方を簡単に視野に入れられます。

でも、ボールが自分の後ろにあると、視野に入れられません。

だからボールはどんどんエンドラインに落とすべきです。

具体的には、

  • #2から#4にパス
  • ディフェンスがみんな#4を見る
  • #5がカットイン

こんなプレイがゾーンには有効です。

横断パスを使え

横断パスも、ゾーンのときは使えます。

#2から#3に大きく揺さぶるパスです。

このパスが出されると、ディフェンスは「がさっ」と大移動しなきゃいけなくなります。

どんなに早く走れても、人よりボールの方が早いので、

横断パスを出されると、ディフェンスは間に合わなくなるのです。

たとえば、次の例はすごく良いプレイです。

  • ディフェンスBに#4がスクリーン
  • #2が#3に横断パス
  • #3にはディフェンスCが出るしかない
  • Cの動いた後ろがノーマーク
  • #5がコーナーでボールを持てる

今まで述べた要素がすべてつまっているのがお分かりになりますよね。

これがわかってくれば、ゾーンの攻め方は完全に理解できたと思って良いでしょう。

まとめ「ゾーンの攻めは簡単です」

いかがでしょうか?

すべては「攻めるときの目のつけどころ」を変えればいいのです。

マンツーマンよりもゾーンの方が、攻めは簡単です。

試合中にゾーンをされたら「嫌だなあ」と思うより「ラッキー」と思える方が強いですよね。

ぜひあなたのバスケットにお役立てください。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感できたら、下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!