ディフェンス

パックラインディフェンスの心理的効果 「なぜ攻めづらいのか?」をわかりやすく 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は『パックラインディフェンスの心理的効果 「なぜ攻めづらいのか?」をわかりやすく』というお話です。

結論からいきましょう。

攻めづらいその理由は

  • オフェンスが動かなくて済むから

です。

そもそもオフェンスは「動いたところを攻めるもの」なのです。

  • 動く
  • ディフェンスがついて行く
  • そこが空く
  • 攻めやすくなる

というメカニズムなわけです。

じゃあどんなときに動くのかと言えば、

  • ディナイをされて
  • そのままではパスがもらえない
  • だから動く

ということが多いわけです

図では#1がAにディナイされています。

  • そのままではパスがもらえない
  • だから動く
  • 動いてもらう

というプレイです。

このプレイをすれば、

  • パスが#1に通らなくても
  • ディフェンスAも動く
  • もともと#1がいた場所(フリースローラインあたり)が空く
  • そこが攻めやすくなる

という次のプレイにつながります。

この動きのきっかけになっているのは

  • パスコースがつぶされているから
  • ディナイされているから

ということで、皮肉なことに、ディフェンスのがんばりが、オフェンスにきっかけを与えていることが分かります。

  • ディナイする
  • オフェンスは動く
  • 結果、攻めやすくなる

という順番なわけです。

では、最初のきっかけとなる「ディナイ」をしなかったらどうか?

当然、動きません

正確に言うと「動く気にならない」ということですね。

だって、動かなくてもパスがもらえますから。

しかも、試合中は疲れます。

無意識で、楽をしたい、休みたいと思うはず。

動かなくてすむならば、動きたくない。

これが本音でしょう。

しかし、動かなくなるとどうなるか?

  • ディナイされてない
  • 動かなくてもパスはもらえる
  • もらったところで攻められない

という悪循環が始まります。

このことに気づけば、

  • とりあえず動き出す

ということがオフェンスの良いきっかけ作りになることがわかります。

しかし、試合の疲れた場面では、動かなくなるものです。

ディナイをあえてしないことで、

  • 動きの必要性を感じさせず、
  • オフェンスを悪循環におちいらせる

パックラインディフェンスの心理的効果はここにあるのです。

オフェンスからすると

  • パスは回るのに
  • 全然攻められない
  • 不思議
  • よくわからない

となります。

本質を見抜くって大事ですね。

パックラインディフェンスの心理的効果、というお話です。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

【参考文献】

千葉大学・日高先生のパックラインディフェンス解説です。

クリニックなどで教えるのが日本一上手な先生が、日高先生です。わたしも何度も受講しました。パックラインディフェンスについても、これが一番わかりやすいと思います。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する