オフェンス

ホイールアクション 動きのある3アウト2インのオフェンス

こんにちは、三原です。

「ホイールアクション」って、あんまり聞いたことないですよね。

今、アメリカの大学ではすごい流行っています。

昔からある3アウト2インなんですが、スクリーンを使うことでパスが周りやすいので、比較的サイズのないチームでも有効です。

YouTubeでも解説していますので、そちらもぜひどうぞ。

音だけ聞き流しても学習できるようにつくってあります。

3アウト2インのエントリー

ホイールアクションの基本は、3アウト2インです。

4と5がインサイドの王道セットですね。

これをやっておけば間違いないってオフェンスです。

一番かんたんなのは

  • 1から2にパス
  • 2から4にパス
  • インサイドで4がシュート

ですね。

でも、まあふつうはディフェンスもがんばるわけで。

ディナイをしてきて、かんたんにパスを出させてくれません。

ディナイされたらホイール

そこでホイールです。

  • ボールサイドの2に
  • 4がバックスクリーン
  • 逆サイドではダウンスクリーン

という動きをします。

2へのディフェンスが強ければ強いほど、スクリーンがかかりやすいです。

うまくいけば一発でゴール下にパスがズドン!です。

ホイール=グルグル回る

ホイールってのはもともとは「車輪」という意味ですね。

ウイングの2と3がスクリーンを使ってグルグル回るから、ホイールなんです。

先ほどのプレイの続きで、2にパスが入らないときは、逆サイドの3にパスします。

こうしたらさらに2がグルっと回って、パスを受ける。

これだけ動けばディナイはできないので、パスは通ります。

そして逆サイドの4と1もスクリーンします。

こうすると2は45度の位置でボールをもらえるので、ローポストにいる5にパスが出せます。

もちろん、自分が1対1で崩すにもいい場所ですね。

こんなふうにグルグル回ってパスを回し、チャンスを広げるプレイをホイールアクションって言います。

ダウンスクリーン=バックスクリーン

ひとつ注意してほしいのは、スクリーンの関係です。

  • 片方のサイドがダウンスクリーンをしたら
  • 反対側はバックスクリーン

という関係に必ずしてください。

スクリーナーになる4と5はハイローに

この関係を作るためには、4と5がハイとローにいることが大事です。

  • ハイポストでバックスクリーン
  • ローポストでダウンスクリーン

という約束にして、それをグルグルと回るってことです。

そういう視点でもう一度上の図を見てもらえると、意味がわかると思います。

3アウト2インが一番いい

さて、ホイールアクションは以上ですが、わたしは3アウト2インが一番いいオフェンスだと思っています。

理由はやっぱり、ゴール下を攻めやすいからです。

上記のツイートを見てもらうとわかるように、やっぱりゴール下を攻めるって大事なんですよね。

  1. 確率の高いシュートが打てる
  2. ファウルがもらえる
  3. リバウンドが強くなる
  4. ディフェンスが収縮する

このあたりの理由から、わたしはやっぱり昔ながらの3アウト2インが一番安定すると考えています。

そのプレイの選択肢として、ホイールアクションのような動きは、小さいチームのヒントになるはずです。

ぜひあなたのチームでもやってみてください。

ちなみに、3アウト2インのオフェンスについて詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ。

アマゾン・アンリミテッドの方はいつでも無料で読めますので。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する