オフェンス

シューティングで「ゴール下」をちゃんと練習しよう

こんにちは、三原です。

シューティングっていうと、何をしますか?

ふつう、ジャンプシュートを打つと思います。

選手の気持ちとしては、遠ければ遠いほど、シュートするのって楽しいですから。

逆に、ゴール下は、あんまり練習しなかったりします。

その理由はきっと「ゴール下なんて入るから」という思い込みです。

ちゃんと練習しないと入らない

どうせ入ると思っているのは大間違いです。

けっこう、ポロポロ落しません?

しかも試合の大事な場面で。

指導者は、シューティングのなかで、ゴール下を「あえて」練習しないといけないよ、と伝えてあげるべきです。

フットワークが良くなる

ゴール下のシュートは、いろいろな種類がありますが、どの練習もフットワークがよくなります。

特に背の高い選手は、小さい選手に比べて、フットワークがおぼつかないものです。

  • ピボット
  • ディフェンスの一歩
  • 1対1のステップ

これらのプレイは、すべてフットワークです。

ゴール下のシューティングをすることで、フットワークをよくすることができます。

心肺機能もあげられる

足を使いますから、心肺機能も上がります。

筋トレで、スクワットをすると息が上がって、持久力が上がるのと同じですね。

ただのシューティングだけでは得られない効果が、ゴール下のシューティングなら身につきます。

具体的な練習方法は

いろいろありますが、

  1. マイカンドリル
  2. ドロップステップドリル

この2つをやるのがおすすめです。

マイカンドリル

昔の有名なセンター、ジョージ・マイカンがやっていて有名になったドリルです。

左右のフックシュートをくり返すものです。

  • 10本入れる
  • 連続で入れる

など、自分なりに目標を作って、何セットかやるといいでしょう。

ドロップステップドリル

左右にボールを置いて、それを拾いながら、ステップを踏んでシュートするドリルです。

こんな感じです。

いわゆる「たて足」ってやつですね。

これは試合でそのまま使える動きなので、とてもいい練習です。

https://twitter.com/WMTribeWBB/status/1335665182131941376?s=20

ドロップステップの1歩はできるだけ大きいほうがいいです。

この高校生くらいにできたら、すごいですね!

ローポストにボールを入れれば勝つ

わたしは、ゴール下を攻め続ければ勝てると思ってます。

  1. 確率の高いシュートになる
  2. ファウルをもらえる
  3. ディフェンスが崩壊する

こんなにいいことばかりだからです。

最近のバスケは、3ポイントやドライブが主流で、ポストプレイが減っています。

だからこそ、ポストプレイを守るのが苦手な選手が増えてます。

あえてポストで攻めることは、とても有効な時代になりました。

センターだけでなく、ガードにもポストプレイをさせてみましょう。

点がかんたんに取れるので、バスケの楽しさが2倍になりますよ!

https://twitter.com/coach_manabu/status/1261534251607920640?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1261534977193242626?s=20

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!