オフェンス

【バスケ】ノースカロライナ大学のセカンダリーブレイク(速攻のフォーメーション)

こんにちは、三原です。

今回は「ノースカロライナ大学のセカンダリーブレイク(速攻のフォーメーション)」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • 速攻のフォーメーションを知りたい
  • 速攻の攻め方を具体的に知りたい

と思っていることでしょう。

この記事では、ノースカロライナ大のシンプルでありながらすばらしいフォーメーションを紹介します。

きっとあなたに役立つはずです。

これを書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

高校バスケの現役指導者で、「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

動画講義はこちらから!

ノースカロライナ大学のセカンダリーブレイク

ノースカロライナ大学はバスケの超名門校です。

最も有名な卒業生は、マイケルジョーダンですね。

ノースカロライナは数々の戦術を時代に合わせて作っていますが、

長年、ずっと続けているフォーメーションがあります。

それがこの「セカンダリーブレイク」です。

これだけ長いこと使われているということは、とても効果的なフォーメーションであることの証明です。

リバウンドから走るコース

#5がリバウンドを取ったとします。

#1はポイントガードです。ボール側のサイドラインに広がってパスを受けます。

そしてリバウンドを取らなかったセンター#4は、エルボー(フリスローラインの角)を結んだ線の上を、リングに向かってダッシュです。

この#4のダッシュを「リムランナー」と言い、リムランナーが先頭を走ることが大切です。

同時に、#2と#3はサイドライン沿いをダッシュします。

#1は#4とは反対のエルボーラインをボール運びします。

パスが出せたら、すぐに飛ばしましょう。

まずは#4のインサイド

#1から#4にパスが飛べば最高です。

でもそれがダメなら、#2から#4にボールを入れます。

#4はなるべくリングの近くで、ディフェンスを押さえ込んでポジションを取りましょう。

しつこくインサイドを狙うことは、セカンダリーブレイクの大事な考え方になります。

ボールを逆サイドに展開

#4にパスが入らなければ、#1にパスを返します。

こうしている頃、リバウンドを取った#5がセフティーのポジションに到着するはずです。

パスは#5を経由して、逆サイドの#3につなぎます。

#4はボールの移動に合わせて、ローポストアップです。

しつこくインサイドを狙いましょう。

#5へバックスクリーン

これがノースカロライナの特徴です。

このスクリーン、めちゃめちゃ引っかかりやすいですよ。

#5が#3にパスを出すと同時に、#2が上に上がります。

そして#5にバックスクリーンです。

ディフェンスは警戒していない背後からスクリーンが来るので、かかりやすいのです。

ここがノーマークなら、#3から#5にパスを入れます。

ちなみに#1はスクリーンの邪魔にならないようにアウェイします。

センター同士のクロススクリーン

ここまででインサイドにボールが入らなければ、#3でボールが止まります。

この時はセンター同士がクロススクリーンです。

バックスクリーンで切れた#5が#4にスクリーンをかけます

連続のスクリーンなので守りにくく、どちらかのセンターにパスが入るはずです。

まとめ:しつこくインサイドを狙いましょう

セカンダリーブレイクに限らず、速攻で大事なことは、

最後はゴール下のシュートで終わるということです。

速攻で外からシュートをしちゃうのはもったいないです。

外から打つのは、セットオフェンスでもできますからね。

ノースカロライナのシステムから学んで、速攻ではしつこくインサイドを攻めましょう、というお話です。

 

最後までおよみくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する