オフェンス

UCLAオフェンスのオプション 【バスケのセットオフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は「UCLAオフェンスのオプション」というお話です。

前回、UCLAオフェンスのお話をしました。

→ 詳しくはこちらをクリック

今回は、下の図のような状況からオフェンスのスタートです。

  • #3、#5にパスできない
  • しかたなく
  • 逆サイドの#2にパスした

このパスのあとは、ちょっと複雑なんですが

  • #3は逆サイドへカット
  • ボールは#4まで展開
  • #2は#4から手渡しパスを受ける
  • #5は移動
  • #4は手渡しパスをした後
  • #5のスクリーンを使ってカット

このスクリーンは「さっきまでボールを持っていた人にバックスクリーン」なので、めちゃめちゃ引っかかります。

  • #4にパスが入らなければ
  • #5にパスして
  • #1は45度へ

この形から「コンティニュティ」に入ります。

ボールを逆サイドに飛ばしたときのエントリーです。

特にバックスクリーンが引っかかります。

とても使えるプレイです。

 

続いて、下の図のような状況

  • #2にもパスできない
  • どこにもパスできない

こういう時です。困りましたね。

こんな時は、こうすれば解決です。

  • #4がハイポストにフラッシュ
  • #1がバウンドパス
  • #2がバックドアに走りこむ

このプレイは「ブラインドピッグ」と言われています。

直訳すると「盲目の豚」です。

誰が何でこんな名前つけたのかわかりませんが「裏を突く」ってことだと思います。

ブラインドピッグをしてもシュートにつながらないときは、

  • #1は#4から手渡しパスをもらう
  • #5、#3がダブルスクリーンをセット
  • #4は#1に手渡しパスか
  • ダブルスクリーンを使った#2
  • どちらかにパス
  • 狙いはもちろん「即シュート」です
  • #2にパスしたら
  • #1は45度に上がる
  • #2がボールを持つと同時に
  • #3はハイポストに上がる
  • #4はローポストに下がる

この動きをすると、

  • #3が通過した瞬間に
  • #5の目の前がぽっかり空くので
  • #5のローポストにパスが入りやすい

ロ―ポストに入れるためにとても計算されたプレイです。

この形まで行って「コンティニュティ」に入ります。

いかがでしたでしょうか?

UCLAオフェンスは「UCLAカット」の一部分だけが有名ですが、全体を見てみると、かなり計算されたセットオフェンスなことがわかります。

計算されつくしているだけに、中高生には難しいかもしれません。

わたしが一番感じるのは、これを考えたジョン・ウッデンの「こだわり」です。

選手の適材適所を考え、全員が均等にボールを持てるオフェンスを考案した。

この勝利への執念と賢さ

指導者にはこだわりが大事。

そんなことをこのオフェンスから、わたしは感じました。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!