オフェンス

【バスケ】トリプルスレット 基本姿勢の解説【モーションオフェンス】

【バスケ】トリプルスレット 基本姿勢の解説【モーションオフェンス】

 

こんにちは、三原です。

モーションオフェンスについてシリーズで解説しています。

今日はオフェンスのすべての基本「トリプルスレット」です。

ボールを持ったときの基本姿勢ですね。

ではさっそくいきましょう!

動画講義はこちら。

トリプルスレットとは

トリプルスレット(triple threat)って「3つの怖さ」って意味です。

何が怖いかっていうと

  • シュート
  • ドリブル
  • パス

ボールを持った人ができるのはこの3つですが、

その3つがすべて準備できてる姿勢のことです。

ディフェンスからすると、次に何がくるかわからない。

  • シュート?
  • ドリブル?
  • パス?
  • どれだかわかんない
  • こわーい!

ということです。

攻撃的な姿勢をとることで、オフェンスが主導権をにぎるのです。

姿勢のポイント

ポイントとしては3つあります。

  1. ゴールを向く
  2. ボールはあごの下
  3. ひざを曲げる

ひとつずつ見ましょう。

ゴールを向く

体がゴールに正対することです。

上の写真のような姿勢だとしても、ゴールに向いてなければ、怖くもなんともありません。

おへそがゴールに向くようにします。

そして視線もリングを見ましょう。

写真のコービーの目は、まさに攻めるぞ!って目なことに注目です。

ボールはあごの下

シュート、ドリブル、パス、すべてに準備するのですから、

ボールはからだのまん中におきましょう。

つまりあごの下です。

ここならディフェンスにボールも取られないし、

自分の姿勢もキープできます。

上の写真ではディフェンスの手がきたのでボールを移動させてますが、

基本はあごの下、と覚えておきましょう。

ひざを曲げる

走る準備のために、ひざを曲げます。

いつでも動ける姿勢で、重心は前です。

  • 50m走のスタートラインで
  • 位置について、よーい
  • といわれたときのような姿勢

というとイメージできますかね?

そんな気持ちでひざを曲げましょう。

フェイクは上下に使え

フェイクをしてディフェンスをやっつけるときに、

上下のフェイクが効きやすい、って覚えておきましょう。

ボールを左右に動かして、ドリブルで抜くぞってフェイクはみんなよくやるんですが、

上下のフェイクは、意外とやらないんです。

  • シュートをかまえる
  • ディフェンスの姿勢が伸び上がる
  • ドリブルで抜く

こういうシュートのフェイクを「ポンプフェイク」っていいます。

自転車のタイヤに空気を入れるポンプです。

ポンプみたいな上下の動きってことですね。

ディフェンスは左右の動きには強いですが、

上に伸び上がると、とっても弱いんです。

だから上下のフェイクをたくさんやりましょう。

シュート・ドリブル・パスの順

上下のフェイクをたくさん使うってことであれば、

まず最初にシュートフェイクをします。

これでディフェンスが伸び上がったら、ドリブルで抜く。

この順番です。

そしてドリブルで抜いていけば、2人目のディフェンスがカバーにくるでしょう。

そしたらパスをぱっとさばく。

なのでプレイの順番としては

  1. シュート
  2. ドリブル
  3. パス

の順番でやってください。

合言葉としては

  • 下がったら、打て
  • 出てきたら、抜け
  • 引きつけて、さばけ

ということですね。

なんでここで強調するのかっていうと、

これができてる人、すごい少ないからなんです。

  • ボールを持ったらパスを探す
  • すぐにドリブルする

こういった悪いクセが身についてる人、たくさんいます。

あなた自身はどうですか?

順番、チェックしてくださいね。

まとめ:常に攻撃的であれ

チームオフェンスをするにしても、

ボールを持った人が攻撃の姿勢を見せないと、ディフェンスがきません。

ボールマンは常に攻撃的でいてください。

言い方を変えると、ボールマンは魅力的であれってことです。

ボールにディフェンスが2人くるような魅力があれば、

味方をノーマークにすることができます。

これがチームプレイの原点です。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する