教科書

【指導者向け】チームづくりの教科書

こんにちは、三原です。

このページを読んでいただいて、ありがとうございます。

そして、このページにたどり着いたあなたは、とても熱心なバスケットボールの指導者なことでしょう。

ところであなたは、チームづくりで悩みを抱えていませんか?

  • 生徒との信頼関係がうまくいかない
  • 技術や戦術を教えても、強くならない
  • チームの良い雰囲気をうまく作れない

なぜこんなことを言うかというと、わたし自身がずーっとこんな悩みを持っていたからです。

わたしは現在、高校生男子を指導して18年目になります。

なんとか良いチームづくりをしたいと思っていたわたしは、とにかくバスケットボールの勉強をしました。

技術、練習法、戦術。そういったことをわたしが学び、知識を得れば、きっとチームが強くなる。そう信じていたのです。

しかし、数年前に気づきました。

バスケットボールの知識だけが増えても、チームは決して強くならないということを。

なぜならば、答えはかんたんで、「教えること=チームをつくること」ではないからです。

わたしたち指導者は、チームをつくることです。

バスケを教えることって、誰でもできるんです。

でも、それだけでは決してチームは強くなりません。

当然試合にも勝てません。

ただバスケを思いつきで教えるんじゃなくて、

  • 教える順番
  • 年間のスケジュール
  • 練習試合の計画

こういったものをすべて計画しないといけないです。

また、選手も指導者も人間です。

たんなる知識の伝達ではなく、信頼関係の構築がすごく大事。

子どもたちどどう向き合い、どんな声をかけるのか。そんなことも真剣に考えなければ、チームをつくることはできません。

子どもたちは、あなたのことを好きになるまで、あなたがどれほどの知識を持っていたとしても、それに興味を持ってくれないからです。

バスケの知識、ドリルの豊富さだけが直接強さにはつながらないんですよね。

 

世の中には、いろいろな先生が「練習ドリルのやり方」を紹介し、すばらしい本がたくさん出ています。

でも「チームのつくり方」って本は、ほとんど存在してない気がします。

わたしも相当数の専門書を読みましたが、とくに最近の本は「ノウハウ本」というか、技術の解説や練習方法の紹介がほとんどです。

  • いつ、何を、どのように教えるのか
  • 練習試合はどのくらいやるべきか
  • 大会中は、どんな練習をしたらいいか
  • 指導者がよくおちいるポイント
  • 子どもたちとの良い関係の作り方

こんな内容にはあんまり触れられていません。

きっと、どの指導者も「手の内」を見せたくないのでしょう。

本やDVDを出版している先生って、プロコーチや日本一になった監督さんがほとんどです。だから、本当のディープなところをさらけ出したくないんでしょう。

もちろんそれを否定するつもりはないです。いろんな立場がありますから。

だから、わたしが「チームづくりの教科書」を作りました。

この教科書では、そんなディープなことしか出してません。ふだんのYouTubeやブログでは言いにくい情報も、ここでは出しています。

長いこと指導者をやってると「あ、これは10年前に知りたかったな」ってこと、たーくさんあるんです。

わたしの頭の中でためておいてもしょうがないので、あなたのような熱心な指導者の役に立てば、と思ってこの教科書を書きました。

主なもくじはこちらです。

  • 年間スケジュールの立て方
  • 一番大事な「黄金の3日間」とは
  • 練習メニューの組み立て方
  • 三原の練習を動画で紹介
  • 練習試合はどうやる?
  • 大会の過ごし方
  • ベンチメンバーの決め方
  • 選手交代のコツ
  • タイムアウトのコツ
  • 選抜チームをつくる
  • 人間関係の構築方法
  • あとがき
  • 質問コーナー

このあたり、すべての内容をこの教科書では網羅的にお話しします。

おもしろい特徴としては、3つあります。

1つめは、三原が実際に指導しているチームのプレイ映像が使われているところです。

練習ドリルの紹介や、試合中の良いプレイなど、動画で見ることができます。

2つめは、選抜チームの作り方も触れています

わたしはもう10年以上、選抜チームのコーチをやってきました。

地区選抜でも、都道府県選抜でも、とにかく選抜チームは学びが多いです。

若手のコーチであれば、もし「選抜やってみない?」と声がかかったら絶対にやってほしいと思っています!

でも、選抜チームならでわの難しさってあるんですよね。なので、そのあたりについても教科書で書いておきました。

最後の3つめは、人間関係の構築のパートです。

やっぱり、技術論だけじゃチームは作れないんです。

わたしの17年間、多くの悩みはこれでした。最近になってやっと答えが見つかったので、それについても余すところなくお伝えしています。

 

さらに、この教科書を買っていただいた方には、メールにて質問にお答えします。

  • チームづくりで行きづまった
  • こんな練習内容ってどう思いますか?
  • メンバーを決めるのに悩んでいます

チームづくりに関する内容で、相談があれば、三原がサポートします。

 

教科書の内容は、次の通りです。

約23,000字のテキスト

約90分の動画講義

動画講義で使ったスライド455枚のPDF

特に動画講義は、音声だけ聞き流しても学べるように作ってあります。

文字でも映像でも音声でも、あなたの生活に合わせてくり返し学んでください。

 

価格は6,980円です。

この価格設定がちょっと高めなのは理解しています。

でも本気で取り組みたい指導者にだけ届けたいので。

 

この教科書で学んでいただいたことを3ヶ月実行して頂ければ、きっと見ちがえるような良い成果が出ること間違いなしです。

がんばるあなたを応援しています。

ぜひ、教科書の本編でお会いしましょう!

 

【動画+テキスト】チームづくりの教科書

  • 本デジタル教材は、返金には原則的に対応していません。
  • バスケットボールの指導者を対象にした教材です。それ以外の方のご購入はご遠慮ください。
  • 購入後、閲覧ページに移動します。メールアドレスにも閲覧URLをお送りしていますので、ご確認ください
  • メールアドレスの誤入力などで閲覧ページがわからなくなった方は、ysdbbc@gmail.comまでご連絡ください。
  • キャリアメール(docomo, softbank, auアドレス)やicloudアドレスは、こちらのメールがブロックされてしまい、対応できない可能性があります。返信がない場合はそれ以外のアドレスで問い合わせください。
¥6,980

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する