コーチング

メンバーチェンジをする目的とタイミング【バスケのコーチング】

こんにちは、三原です。

バスケは選手交代が最も多いスポーツです。

だからこそ、それはコーチにとっての武器になります。でも、けっこうむずかしいんですよね。

  • 選手交代のコツが知りたい
  • 自分の中で考え方がまとまってない

こういったあなたはぜひ最後までこの記事をお読みください。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるので、聞き流しでもOKです。

一番よくないのは「?」になること

選手を交代させるのはコーチの役目です。

なので、一番気をつけたいことは、選手から納得されることでしょう。

交代させられる方が「もっと出たかったな」とか思うことは自然だし、良いんですが、本当に納得がいかないような交代をしてはいけません。

「え?おれ?」

みたいにならないようにするのは、事前に言っておくことが大事ですね。

事前に言っておこう

  • スタメンは誰々
  • 役割は何々
  • 交代はあなたです

こんな話を、練習の段階で話をしておきましょう。

もっというと、そのメンバーで練習をつまなければダメです。

極論、試合当日にコーチが何も言わなくても、誰がスタートで、誰と誰が交代するのかが全員わかっている状態が理想です。

前半で10人くらい使うつもりで準備

できるだけ、たくさんの選手を出場させましょう。

スタメンを引っぱることも大事ですが、たくさん出場させるメリットも多いです。

  • 体力の温存
  • 気力の充実
  • 冷静さを保つ

いろんな意味で、選手交代は多い方がいいです。

前半で10人以上使うつもりで考えておきましょう。

前半で使うことがけっこう大事で、いきなり後半の厳しい局面で「行ってこい!」って言われてもビビるだけです。

最初にサクッと出ておけば、後半も強気に行けます。

序盤で出番を作ってあげることは大事ですよ。

ファウルで交代

ファウルの数は試合を左右するので、「時間と回数」で交代のルールを決めておきましょう。

わたしが考えるルールは「10分で1回までOK」ですね。

前半で2つ

なので、前半で2つが、ギリギリのファウル回数です。

  • 前半で2つやったら、下げましょう
  • 後半で4つも、下げます

逆に、前半で3つやったら、かなり厳しいですし、後半で5つやったら退場ですね。

ファウルがかさむと、普段の実力を出せません。

  • 前半で2つ
  • 後半で4つ

これをやったら、自動的に下げるようにしましょう。

勝負どころは下げない

まったく逆のことをいうようですが、

  • 主力の選手で
  • 接戦の場合

このときは下げないで引っぱることも必要です。

「ここでこの子を下げちゃったら、一気に離される」そう思う場合は、引っぱることも必要です。

こういう感覚は、経験で得るものです。ぜひ、頭の片すみに入れておいてくださいね。

パニックになったら

試合は「気分よくプレイしたら勝ち」です。

高校生以下は、ホントそうですよ。そんなもんです。

なので、カッとなったり、パニックになったら、下げてあげましょう。

冷静にさせて、それからもう一度コートに送り出してあげるべきです。

レイアップを外す

パニックになる代表は、レイアップを外すことですね。

  • レイアップを外す
  • あーやっちゃった
  • 取り戻そうとしてファウル

これはよくあるパターンです。

あとはレイアップに限らず、シュートの調子が悪いときこそ、打ちまくる子もいます。

これも1回下げた方がいいですね。

シュートの調子が悪いときは、がまんして、ディフェンスやパスをちゃんとやるべきです。

そしてゴール下を1本、またはフリースロー1本入れれば落ち着きます。

そこまでがまんすることを教えましょう。

凡ミスが3回

レイアップを外すも凡ミスですが、

  • パスミス
  • キャッチミス
  • トラベリング

こんなのが3回続いたら、まず交代です。

大事なのは、この交代が「罰」みたいにならないことです。

勇気づける話をして、コートに戻しましょう。

もしあなたができれば、ジョークで勇気づけるのが一番いいです。

組織的な動きをしていない

凡ミスとまではいかなくても、組織的な動きをしてない選手は、早めに下げます。

  • フォーメーションを間違えてる
  • ヘルプディフェンスしてない
  • キョロキョロして、いつもと考えてることが違う

こういう選手は、けっこういますね。

下げてあげて、的確な指示を出して、思い出させましょう。

出番を増やす

最初にも述べたように、前半で10人使うくらいのイメージで出番を増やすことが大事です。

チームの活気にもなりますし、主力の体力温存にもなります。

具体的に、こんな交代の仕方がいいよという方法をお伝えします。

2Qが出しやすい

勝敗に一番関係ないのは、第2Qです。

まあ、試合の流れにもよるんですがね。

わたしの経験上、2Qが一番関係ないかなと感じています。

なので、この2Qに交代を多くするべきですね。

  • ちょっと自信がないけど、経験はつませたい
  • 少し、この子は出しておきたい

そんな交代は2Qがオススメです。

勝ちが決まったら交代

もう勝ってるのに、スタメンを引っぱりすぎる試合をときどき見ます。

ベンチでは必死に指揮をとってるので、怖いのはわかります。

でも、冷静に考えたら、20点も30点も勝ってるんですから、どんどん代えましょうよ。

特に、技術面はちょっと劣るけど、いつもがんばってる子は出してあげるべきです。

チーム全体の雰囲気がよくなるからです。

特に上級生をどんどん出してあげることは、チームの士気を高めるでしょう。

チームの活性化を第一に考えよう

いろいろと書きましたが、交代の目的はチームの活性化です。

  • 点差を広げる
  • 点差を追い上げる
  • 元気な選手を出す
  • ファウルをしてない選手を出す
  • 盛り上がる選手を出す

これらはすべて、チームの活性化が目的ですね。

その交代でチームが良くなるかどうか。それをコーチは絶えず考えてベンチワークしましょう。がんばってください!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する