コラム

指導者は勉強し続けないとダメ

こんにちは、三原です。

指導者であれば

  • 生徒から信頼されたい
  • 悩みを解決してあげたい
  • 生徒の力になりたい

そう思うのが人情ですね。

では、信頼される先生は、そうでない人と何が違うのか?

これは断言します。

知識の量です。

圧倒的な知識量が、生徒の力になり、悩みを解決させます。

 

先日、体育の授業中にこんなことがありました。

先生、バスケのドリブルって、どうやったらうまくなりますか?

ちなみにその子は、ハンドボール部の生徒でした。

あなたなら、なんて答えるでしょうか?

わたしはこう答えました。

ドリブルのコツはね

手がボールに触ってる時間を長くするとうまくなるよ

さらにこう続けます

手のひらで叩くようなドリブルはダメ

手首を少し硬く

ひじの曲げ伸ばしでドリブルするといいよ

具体的な練習方法としては

1歩歩いたら、1ドリブルするように合わせてみる(1ステップ1ドリブル)

ボールは絶対に見ない

こんなことを、即答しました。

こんなふうにやるといいよ、と少し見本を見せながらです。

すると、質問をした子は「なるほど!」と満足するのはもちろんですが、関心のある他の生徒が近くに寄ってきます。

何やら、役に立ちそうな話をしているぞ。と来るわけです。

この瞬間、先生の意味が出ます。

つまり生徒から信頼されて、役に立ってる瞬間です。

 

さて、ここで考えたいのは、生徒から信頼されるベースとなるのは「知識」であること。

わたしの中にドリブルに関する知識があったから、それをパッと答えられたわけです。

決して情熱や、愛情、責任感などではありません。

それらは「知識」を伴わなければ、役に立たないからです。

たとえば医者が専門知識はないけど、あなたへの情熱や愛情、責任感だけで治療します!!任せてください!!と言われたら、恐怖でしかいないですよね。

でも、こと教育となると、知識を増やすことをせずに、情熱だけでなんとかなると思いガチなんです。そこが怖いところです。

 

ちなみに、わたしが答えたドリブルのコツ

  1. 手のひらからなるべく離れない
  2. 1ステップ1ドリブル
  3. 練習ではボールは絶対に見ない

これってわたしが考えたことじゃありません。

何十年も前に、吉井四郎さんが「指導全書」っていう本に書いたことなんです。

わたしはこの本をくり返し読んで勉強してるので、知識が血肉になっていた。というだけの話。

さらに、質問をしてくれた子がハンドボール部であることについては

  • ハンドではドリブルチェンジがダブルドリブル
  • 叩きつけるようなドリブルが多い
  • オーバーステップを避けるために1つだけドリブルすることが多い

という知識をわたしが持っていたので、それを踏まえてアドバイスできたわけです。

今回お伝えしたかったのは、とにかく「勉強しないとダメ」ってこと。

指導者たるもの、情熱や愛情、責任感でなんとかしがちですが、それを「勉強する」という行動にうつして、はじめて生徒の役に立てますよ。というお話しです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する