ディフェンス

ドリブルが止まった瞬間のディフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は、ドリブルが止まった瞬間のディフェンスというお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリットは、

  1. ドリブルが止まった瞬間のディフェンスがどうすべきか、その指導法がわかる。
  2. よくあるディフェンスの間違った姿勢を理解できる。

 

まだドリブルをしていないボールマンについてのディフェンス姿勢は、次の4つが合言葉でした。

  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト
  • トレースハンド
  • パスコースハンド

→ 詳しくはこちらをクリックしてお読みください。

 

そして、ドリブルをするボールマンについては、次の2つが合言葉でした。

  • ワンアーム
  • 自分の鼻の前にボール

→ 詳しくはこちらをクリックしてお読みください。

 

では、「ドリブルが止まったら」どうするか?それが今日のテーマです。

ドリブルが止まった瞬間は、オフェンスにとっては苦しい状況です。

  • これ以上はもうドリブルできない。
  • パスかシュートするしかない。

ルール上、このようになるからです。

この瞬間を逃してはいけません。

ディフェンスは密着して、相手のボールマンを最大限に苦しめましょう。

私はこのディフェンスを「スティック」と呼んでいます。

スティックとは「棒」という意味です。

つまり、相手のオフェンスが「棒のように伸び上がりました」という意味になります。

またスティックには「べったり」という意味もあります。

べったりと密着することで、相手を棒立ちにさせるのです。

写真で見るとこのような状態です。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールから引用)

 

要点は次のようになります。

  1. ワンアームから「ゼロアーム」に、距離をゼロにして密着する。
  2. 両手はボールにかざす。
  3. ノーズ=チェストは保つ
  4. 相手の前足を自分の両足で挟むようにする。
  5. は大きく「スティック!」と出す。

注意点は次の通りです。

  1. ボールを取りに追わない。無理に取ろうとするとファウルになる。
  2. オフェンスが伸び上がったからといって、自分も伸び上がらない。伸び上がると簡単にピボットを踏まれて、かわされてしまう。あくまで「ノーズ=チェスト」を保つ。

せっかくのチャンスをボールを無理に取ろうとしてファウルになったり、伸び上がって簡単にステップインされたりすることのないようにしましょう。

強いチームはボールマンプレッシャーが強いです。

そして、このスティックの状態を作るのが上手です。

「プレッシャーをかける」とは「相手に嫌な思いをさせること」という原点を忘れずに練習してください。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!