ディフェンス

ドリブルが止まった瞬間のディフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は、ドリブルが止まった瞬間のディフェンスというお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリットは、

  1. ドリブルが止まった瞬間のディフェンスがどうすべきか、その指導法がわかる。
  2. よくあるディフェンスの間違った姿勢を理解できる。

 

まだドリブルをしていないボールマンについてのディフェンス姿勢は、次の4つが合言葉でした。

  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト
  • トレースハンド
  • パスコースハンド

→ 詳しくはこちらをクリックしてお読みください。

 

そして、ドリブルをするボールマンについては、次の2つが合言葉でした。

  • ワンアーム
  • 自分の鼻の前にボール

→ 詳しくはこちらをクリックしてお読みください。

 

では、「ドリブルが止まったら」どうするか?それが今日のテーマです。

ドリブルが止まった瞬間は、オフェンスにとっては苦しい状況です。

  • これ以上はもうドリブルできない。
  • パスかシュートするしかない。

ルール上、このようになるからです。

この瞬間を逃してはいけません。

ディフェンスは密着して、相手のボールマンを最大限に苦しめましょう。

私はこのディフェンスを「スティック」と呼んでいます。

スティックとは「棒」という意味です。

つまり、相手のオフェンスが「棒のように伸び上がりました」という意味になります。

またスティックには「べったり」という意味もあります。

べったりと密着することで、相手を棒立ちにさせるのです。

写真で見るとこのような状態です。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールから引用)

 

要点は次のようになります。

  1. ワンアームから「ゼロアーム」に、距離をゼロにして密着する。
  2. 両手はボールにかざす。
  3. ノーズ=チェストは保つ
  4. 相手の前足を自分の両足で挟むようにする。
  5. は大きく「スティック!」と出す。

注意点は次の通りです。

  1. ボールを取りに追わない。無理に取ろうとするとファウルになる。
  2. オフェンスが伸び上がったからといって、自分も伸び上がらない。伸び上がると簡単にピボットを踏まれて、かわされてしまう。あくまで「ノーズ=チェスト」を保つ。

せっかくのチャンスをボールを無理に取ろうとしてファウルになったり、伸び上がって簡単にステップインされたりすることのないようにしましょう。

強いチームはボールマンプレッシャーが強いです。

そして、このスティックの状態を作るのが上手です。

「プレッシャーをかける」とは「相手に嫌な思いをさせること」という原点を忘れずに練習してください。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる