バスケ

【バスケ】ゴール下のステップシュート 練習方法を紹介

ゴール下のステップシュート 練習方法を紹介

 

こんにちは、三原です。

ゴール下は、リングに近いので簡単なシュートと思いがちですが、

実際は常にディフェンスがいるので、シュートの仕方を工夫しないと打てません。

特に背の小さい選手はこの「ステップシュート」を身につけるべきです。

パワーレイアップとも言われますが、この技術を解説しましょう。

ふつうのレイアップは打てない!?

ふつうのレイアップシュートを思い浮かべてください。

  • 走りながら
  • 片足で踏み切って
  • 顔の前にボールを持ってきて
  • アンダーハンドで打つ

こういうシュートですね。初心者が最初に練習するシュートです。

でもこれはノーマークの時じゃないと使えません。

ディフェンスと競り合ったときは、このシュートじゃダメなんです。

理由は簡単で、ディフェンスに簡単にブロックショットされてしまうからです。

ジャンプは両足で

まず、ジャンプは両足同時に床を蹴りましょう。

こうすることで、力強くなります。

ディフェンスに押されてもビクともしない、そんな姿勢が望ましいです。

肩幅を使ってシュート

ボールは顔の正面に持ってきません。

右手でシュートを打つならば、右肩より遠くにボールを構えます。

ディフェンスは左側にいますから

「ディフェンス → 自分の体 → ボール」

という順番になり、ボールを体でかばうことができます。

視野の外からボールを放す

右肩の外にボールを構えたら、そこからシュートしましょう。

ボールを放すときに、あえてディフェンスの近くにボールを移動させる癖のある人は、意識して直します。

ディフェンスが届かない位置にボールがあることが大事です。

シュートとしては、コントロールが難しくなりますが、そこは練習でカバーです。

自分の視野よりも外からボールを手放すことができれば、かなり上級テクニックです。

バックボードを広く使う

シュートはバックボードに当てましょう。

しかもなるべく高いところに当てるのがコツです。

高いところに当てれば当てるほど、ボールの軌道が高くなり、ブロックされません。

意識して、ボールを高くあげましょう。

シェービングと一緒に練習

シェービングドリルとは、ボールをキャッチして、ピボットを踏み、ドリブルを突き出す練習です。

→ シェービングについては過去記事にまとめています

ピボットには6種類あって

  1. 前向き、前回り
  2. 前向き、後ろ回り
  3. 後ろ向き、前回り
  4. 後ろ向き、後ろ回り
  5. 前向き、外足
  6. 後ろ向き、外足

この6種類のピボットで、試合中すべての動きを練習することができます。

ステップシュートをするときは、このシェービングとセットに練習すると、

ポストプレイで大切なピボットのすべてを身につけることができます。

まとめ:身長差15センチはいけます

バスケは身長が有利なスポーツですが、意外と技術でカバーできます。

ピボットとシュートの打ち方を工夫するだけで、わたしの経験上、身長差15センチは技術でカバーできるものです。

背の小さい選手も、自信を持ってゴール下に切り込み、勝負しましょう!

参考文献

わたしが尊敬する高校バスケ指導者、伊藤恒先生の本です 。基本技術についてとても詳しく書かれています。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1246553616522960896?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1243272972615352320?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する