コーチング

スターティングメンバーの決め方【バスケのコーチング】

こんにちは、三原です。

スタメンを決めるって、コーチの大事な仕事です。

経験によるものが大きいですが、自分の中で基準を設けておくと、判断しやすくなります。

スタメンを決める基準に悩んでいる。

ベンチワークを理論的に学びたい

そんなあなたはぜひ最後まで記事をお読みください。

YouTubeでも解説していますので、ぜひどうぞ。

音声だけでも勉強できますので、聞き流しでOKです。

スタメンが大事な理由

何事も、最初が一番大事です。

なので、バスケのメンバーもスタメンが一番大事です。

その理由をかんたんに言うと、第1Qが勝敗を決めるからです。

第1Qは絶対に勝て

わたしは、第1Qが試合で一番重要だと考えてます。

なぜならば、次のような方程式があるからです。

1Q勝ったチーム=試合に勝つ確率80%

先日、こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1227131895265103872?s=20

最強の5人にする

なので、最初の5人が一番強い5人にするのが、一般的ですね。

わたしもそうしてます。

  • 最初は0対0から始まる
  • 出だしでリードを奪う
  • あとは先行逃げ切り

このゲームプランを実現するために、最初を最強にするわけです。

あえて最強にしない

ベンチメンバーに自信があれば、あえて最強にしない方法もあります。

これは相手のスタメンが最強の5人という前提ですが

  • 最初はトントン
  • 相手はそのうち疲れてくる
  • こっちは元気な5人を投入
  • その差でリードを奪う

こういうゲームプランですね

交代はプラス3人

では、交代要員について考えます。

バスケは交代が頻繁なので、試合のカギを握ります。

スタメン5人だけで試合をするってのは、まずありえないと考えましょう。

ポジション別に1人ずつ

最低限、各ポジションに1人ずつ控えを作るべきでしょう。

  • ガード
  • フォワード
  • センター

とざっくりわけられますが、これに1人ずつってことです。

役割がはっきりした選手を作る

スタメンが「いろいろできる選手」であるとするならば、

ベンチメンバーは「役割を果たす選手」で十分です。

いわゆるロールプレイヤーですね。

  • ディフェンスだけはがんばる
  • リバウンドだけはがんばる
  • シュートだけはやたら入る

この「~だけは」という選手でも、十分貢献するはずです。

逆にいうと、こういう選手を育成しましょう!

パイプとパイプをつなぐジョイントのような存在であり、「短くても太い」選手のイメージです。

2プラトンという考え方

スタメンと交代選手を考えるうえで「2プラトン」という考え方もアリです。

  • 5人チームを2つ作る
  • そのチームは固定
  • 時間が来たら自動的に交代

みたいにするんです。

メリットは出番があること

たとえば、AとBという5人ずつがあるとします。

交代は5分です。

1QからAが5分、Bが5分で交代するってことです。

必ず出番があることは、選手のモチベーションを高めます。

そして、相手チームの選手層が薄ければ、2プラトンは嫌な戦略となるでしょう。

デメリットは機械的なこと

あくまで機械的な交代なので、いわゆる調子のいいときに交代するようなこともあります。

また、交代することで試合の流れが良くも悪くも変わることがあります。

このへんがコーチのさじ加減ですが、一長一短ですね。

「うまい5人=最強」ではない

ところで、最強の5人とは「うまい順に5人」ではありません。

結局バスケはチームプレイなので、組み合わせがとても重要です。

コンビネーションを考える

  • 右利きと左利き
  • 身長差が大きい2人
  • シューターとドライブ
  • ガツガツいく子と献身的な子

いろんな組み合わせがあります。

似たような5人というより、ぜんぜん違う5人がプレイして、化学反応が起きるようなチームの方が強いです。

これを見抜くには選手の様子をじーっと観察する以外ないですね。

誰といっしょが楽しそうか?

技術や能力面でなかなかコンビネーションが見抜けないとき、ひとつコツがあります。

それは

誰と誰が楽しそうにプレイするか?

ですね。

クラスで席替えをして、友達が近くにいると勉強をがんばるようなもんです。

楽しそうにプレイしていればパフォーマンスが上がるので、ここは見逃さないようにしましょう。

また、選手に聞いてみてもいいでしょう。

選手のメンタルも知るべき

最後に選手のメンタル面についてです。

スタメンになる、ならないに関して、コーチが考えている以上に、生徒は重要視していることがよくあります。

絶対にスタメンになりたい選手

とくに上級生に多いのが、このタイプ。つまりはプライドですね。

この子はスタメンにした方が力を発揮します。

たとえ短時間で下げられても、スタメンであることに欲求を満たされる生徒です。

ただし、チームの事情でたんなるわがままになるような場合は、もちろん線引きをするひつようがあります。

逆にコーチが迷っているようなら「スタメンになりたい!」という気持ちを重視するのも大事です、って話です。

スタメンになりたくない選手もいる

信じられないかもしれませんが、スタメンになりたくない生徒が多いのも事実です。

  • とくに下級生に多いですね、
  • 気がひける
  • 緊張する
  • 自信がない

こういう意見を持つ子もいます。なので注意深く見る必要がありますね。

答えはない

以上がわたしの経験によるアイデアです。

もちろん答えなどありません。

異論、反論も含めて、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

お読みくださり、感謝しています。

ありがとうございました。それでは、また!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する