オフェンス

ローポストに必ずパスが入る方法「スタック」

ローポストに必ずパスが入る方法「スタック」

 

こんにちは、三原です。

パスがうまいかどうかは、結局のところ「ポストに入れられるかどうか」にかかってます。

でも、これを読んでいるあなたは

  • うまくポストに入れられない
  • ポストにパスを入れるコツが知りたい

とお考えのことでしょう。

今回は、理論的にローポストに必ずパスが入る「スタック」をご紹介します。

なぜポストへのパスはむずかしいのか?

一言で言うと「ディフェンスが2人いるから」です。

  • ボールを持っている#1にはAが
  • ポストの#2にはBが

それぞれディフェンスがいます。

そして2人のディフェンスを外してパスを出さないと行けないので、

ポストへのパスはむずかしいのです。

チェストパスは使えない?

バスケのパスは「チェストパスが基本」と言われます。

確かにそうなのですが、「ディフェンスがいない場面」しかチェストパスは使えないのです。

ポストに入れるには使えません。

ディエンスを外してパスを出さないといけないので、ローポストには

  • バウンドパス
  • フローターパス(浮かす)

が適しています。

スタックでスペースを作る

スタックとは「かたまり」という意味です。

#1と#2がスタックします。

ディフェンスは間に入れませんから、真横についてくるはずです。

この状態から#1がウイングに飛び出します。

飛び出してパスを受けた瞬間、#1がもともといた場所にスペースが生まれます。

そのスペースに#2はポストアップすれば、

確実にパスが入るのです。

まとめ:お互いを知ることがコンビのカギ

スタックは理論的には完ぺきにパスが入ります。

カギになるのはタイミングで、

お互いの動きを知ることが大事です。

練習ではガードもセンターも、中も外も全員が練習しましょう。

それは「知る」ことにつながり、タイミングを合わせることに役立ちます。

参考文献

わたしの恩師、倉石平さんの本です。

スタックを始め、オフェンスの練習方法がたくさん紹介されてます。

良いですよ。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1246553616522960896?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1243272972615352320?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

 

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!