オフェンス

ローポストに必ずパスが入る方法「スタック」

ローポストに必ずパスが入る方法「スタック」

 

こんにちは、三原です。

パスがうまいかどうかは、結局のところ「ポストに入れられるかどうか」にかかってます。

でも、これを読んでいるあなたは

  • うまくポストに入れられない
  • ポストにパスを入れるコツが知りたい

とお考えのことでしょう。

今回は、理論的にローポストに必ずパスが入る「スタック」をご紹介します。

なぜポストへのパスはむずかしいのか?

一言で言うと「ディフェンスが2人いるから」です。

  • ボールを持っている#1にはAが
  • ポストの#2にはBが

それぞれディフェンスがいます。

そして2人のディフェンスを外してパスを出さないと行けないので、

ポストへのパスはむずかしいのです。

チェストパスは使えない?

バスケのパスは「チェストパスが基本」と言われます。

確かにそうなのですが、「ディフェンスがいない場面」しかチェストパスは使えないのです。

ポストに入れるには使えません。

ディエンスを外してパスを出さないといけないので、ローポストには

  • バウンドパス
  • フローターパス(浮かす)

が適しています。

スタックでスペースを作る

スタックとは「かたまり」という意味です。

#1と#2がスタックします。

ディフェンスは間に入れませんから、真横についてくるはずです。

この状態から#1がウイングに飛び出します。

飛び出してパスを受けた瞬間、#1がもともといた場所にスペースが生まれます。

そのスペースに#2はポストアップすれば、

確実にパスが入るのです。

まとめ:お互いを知ることがコンビのカギ

スタックは理論的には完ぺきにパスが入ります。

カギになるのはタイミングで、

お互いの動きを知ることが大事です。

練習ではガードもセンターも、中も外も全員が練習しましょう。

それは「知る」ことにつながり、タイミングを合わせることに役立ちます。

参考文献

わたしの恩師、倉石平さんの本です。

スタックを始め、オフェンスの練習方法がたくさん紹介されてます。

良いですよ。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる