オフェンス

【スプリット】ポストにボールを入れたあとの動き【プリンストンオフェンスです】

こんにちは、三原です。

いつの時代も、バスケの中心はセンターです。

そしてポストにボールを入れることは、すごく重要。

しかし、パスを入れた後に周りが止まっていると、センターが囲まれてしまい、得点につながりません。

そこでおすすめなのがスプリットアクションです。

  • ポストに入れた後、どう動いていいかわからない
  • いつもポストが囲まれてしまう
  • チームで動きの約束事を決めたい

そんなあなたはこの記事をぜひ最後までお読みください。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるので、聞き流しでOKです。

パスしたらエルボーにスクリーン

オフェンスの基本はこういう形です。

センター5がローポストにポジションを取ります。

図ではわかりやすく「4アウト1イン」で書いてますが、もちろん「3アウト2イン」でも同じプレイができます。

ここからセンター5にパスを入れます。

そしたら1は2と入れ替わるように動くのですが、具体的にはエルボー(フリースローラインの角)にスクリーンをセットします。

それを使って、2とポジションチェンジです。

スプリットするとカバーに行けない

このように、ポストに入れた後、1と2が入れ替わる動きを「スプリット」と呼びます。

スプリットするメリットは3つ。

  1. 1と2のディフェンスが5のカバーに行けない
  2. 5が1対1しやすくなる
  3. 1と2もパスがもらいやすくなる

ということです。

実に単純なんですが、たったこれだけで全然ちがいます。パスを入れたら止まらずに、スプリットしましょう。

プリンストンオフェンスの一部です

スプリットは、あの有名なプリンストンオフェンスの一部なんです。

詳しいプレイはこちらで解説しています。

プリンストンオフェンス 「組織で勝つ」セットプレイをわかりやすくこんにちは、三原です。 プリンストンオフェンス。 バスケ界最大の謎 賢者は強者に勝る こういわれる、超有名な...

プリンストンオフェンスは、別名「バックドア・オフェンス」。

いわゆる裏に走り込むプレイをメインにします。

なのでスプリットも、バックドアを多用するんです。

まずはユーザーがバックドア

一番多いのは、スクリーンを使うユーザーがバックドアに抜けるプレイです。

先ほども解説したように、ふつうはこう動くところですが、

2がバックドアして、ゴールに抜けます。

5はバウンドパスを通して、レイアップです。

スクリーナーがスリップもできる

もうひとつは、スクリーンに行った1がスリップする方法です。

これもよく効きますよ!

ただポストを助けるだけでなく、プリンストンオフェンスのようにバックドアを多用すると、1と2にもチャンスが生まれます。

油断もスキもないチームオフェンスですね!

ハイポストでもできる

このスプリットアクションは、ハイポストでも同じようにできます。

たとえばこんな感じで

  1. 2が5にパス
  2. 4にスクリーン
  3. 4がバックドアに抜ける

もちろん、2が1にスクリーンに行ってもOKです。いろんなプレイができます。

センターに得点力がなければ、動きで点を取ろう

センターに1対1の能力を求めることは、大切です。

と同時に、こういったスプリットの動きで点を取ることも、やっておきましょう。

強いチームと戦うと、1対1で攻めきれないことも増えてきます。

そんなときに、このスプリットを思い出してくださいね。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!