オフェンス

スクリーンと見せかけて「スリップ」がかなり使える

こんにちは、三原です。

スクリーンすると見せかけて、ゴールに飛び込むプレイをスリップといいます。

忘れられがちな技術ですが、これ、かなり使えるんです。

この記事では、有名なプリンストンオフェンスを題材にして、スリップがどんな感じで使えるのかをわかりやすくお伝えします。

ちなみにYouTubeでも解説しています。

画面をずっと見てなくてもいいように、音声だけである程度学べるように作っています。聞き流しでもぜひどうぞ。

すばらしいエアフォースのスリップ

今日の題材にしたプレイはこちらです。

アメリカの大学「エアフォース」のスリップですね。

エアフォースは毎年プリンストンオフェンスを使っていて、成功を収めています。

パッと見ただけでは、鮮やかすぎて何が起きているのかよくわからないほどです。

ちゃんとわかるように説明しますが、まずはイメージとして、この動画を見てください。

プリンストン・チンオフェンス

ではまず、チンがもともとどんなオフェンスか、解説します。

全員がフリースローラインより高く位置するハイセットです。

ガードが遊びのドリブルハンドオフから、逆サイドにパスを飛ばします。

 

ここで1つめのチャンスです。

パスしたばかりの3に5がバックスクリーンです。

3のディフェンスは5に気づかず、ガチッとかかることが多いです。

ここにパスが通らなければ、5は2にフレアスクリーン。

これもかかりやすいスクリーンになります。

2は3ポイントも打てるし、ピックみたいになるのでドライブもしやすいです。

3は邪魔になっちゃうので、外に出ましょう。

ここまでやると1周して、元のセットに戻ります。

これをチャンスが来るまでしつこくくり返すんです。

以上が「チン」の基本です。

もうちょっと詳しく知りたい人は、こちらもぜひどうぞ。

プリンストンオフェンス 「チン・シリーズ」 バスケのセットオフェンス解説こんにちは、三原です。 今回は「プリンストンオフェンス 「チン・シリーズ」 バスケのセットオフェンス解説」というお話です。 ...

あえて逃げるようにカット

さて、このチンオフェンスですが、スリップを加えるときはどうするのか?

それはカットの3が「逃げるように」ボールから遠ざかるんです。

こうなると5がスリップするスペースが生まれますね。

ディフェンスが3のカットを先読みして、スイッチばかりしてくるときは、このスリップをぜひ使いましょう。

エアフォースよろしく、相手ディフェンスが「やられた!」と思う2点が取れることまちがいなしです!

ショットクロックの短い時代にスリップは生きる

最近のバスケはショットクロックが短いです。

24秒といいながら、実質は1回のオフェンスを14秒でプレイしないといけません。

昔は30秒だった頃もあるわけで、こうなると1プレイにかけられる時間が減ってきます。

なので、今のルールにスリップは合っていると思うんです。

実際に、ショットクロックが12秒の「3x3」では、スリップが多用されています。

今まであまり発想がなかったなら、ぜひ試してみてください!

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する