コーチング

クローズドスキルとオープンスキル

こんにちは、三原です。

今回は「クローズドスキルとオープンスキル」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. バスケに必要な練習は「対人練習」だということがよくわかる
  2. スポーツを2つの種類に分けて考えられるようになる

スポーツは大きく分けて

  • クローズドスキル
  • オープンスキル

この2つに分けることができます。

どういうことかというと

  • クローズドスキルとは
  • 自分のプレイだけに集中できる種目
  • 周囲の影響を受けない

ということで

例えば

  • 陸上競技
  • 水泳
  • ダンス
  • ゴルフ

などの競技がクローズドスキルです。

ゴルフをしているときは、他のプレイヤーが邪魔をしませんよね。

マラソンをしているときも、他の人が邪魔をしてくることはありませんね。

このように「誰にも邪魔されない」がクローズドスキルです。

 

一方で、

  • オープンスキルとは
  • 自分のプレイだけでなく
  • 相手との駆け引きが必要になる

ということで

例えば

  • サッカー、ラグビーなどの「球技」
  • 柔道、剣道などの「武道」

これらの種目がオープンスキルです。

相手がいて、シュートしようとしても、邪魔してきます。

相手がいて、背負い投げしようとしても、簡単にさせてくれません。

常に駆け引きが必要です。

 

バスケはどっちなのかと言えば、もちろん「オープンスキル」です。

  • 常に相手がいて
  • 常に駆け引きがある

という種目です。

ここで考えなければいけないのは「どんな練習が効果的なのか」ということ。

  • クローズドスキルは、自分の技術を磨くことのみ。
  • オープンスキルは、自分の技術+判断力を磨くことが必要。

ということがわかります。

 

バスケの練習で、まずは技術を身につけることは大切です。

  • 個人のシュート練習
  • 対人のパス練習
  • フットワーク

もちろん大事ですが、オープンスキルなので

  • これらの練習だけではダメ
  • 判断力を高める必要がある

ということです。

判断力を高めるとは、早い話が

  • 対人練習する
  • ゲーム形式にする

ということです。

だから、バスケの練習では「ゲーム形式」の練習こそ最重要なのです。

型を身につける練習は大事ですが、

それだけで「練習おしまい」ではダメで、

必ず「ゲーム形式」で判断力を高めましょう、というお話です。

 

【わたしの教材】

”常に攻撃的であれ” 初心者が1から学ぶバスケットボールのディフェンス

(noteはこちら) → https://note.com/coach_mm/n/nba942ec5a536

最後までお読みくださり、感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる