バスケ

【バスケ】ジャンプシュートのフォームビデオ

こんにちは、三原です。

バスケのシュートはフォームが大事です。フォームが良ければシュートは入ります。

ですがこれをお読みのあなたは

  • そもそも良いフォームって何だろう?
  • 自分のフォームが正しいかどうかよくわかんない?

そんなことをお考えではありませんか?

わたしはシュートフォームについて、右手と右足がまっすぐリングに向かっていればOKと考えています。

右手→右足のラインが電車のレールのようにまっすぐリングに向いて入れば、ボールはまっすぐ行きますから。

先日、こう言ったツイートをしました。

このツイートを見てもらえば、ポイントはつかめます。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1259691475505303553?s=20

良いシューターはフォームが似てますね。

わたしが考えるポイントは

  • 右手でボールをしっかりつかむ
  • 右手と右足のラインをまっすぐにする。
  • フォロースルーはいつでも同じ形

ですね。

特にフォロースルーがいつでも同じ形、というのは注意です。

ひじを毎回伸ばし切りましょう。

  • ゴールに近ければ、高い位置にボールを構える
  • ゴールに遠ければ、低い位置にボールを構える
  • 最後のフォロースルーはいつでも同じ

ということです。

フォロースルーを伸ばし切らないで「ちょこん」とひじを曲げたシュートだと、距離感がつかめません。

最初のボールの構えで高さを調節して、フォロースルーは一緒にしましょう。

つまり合言葉は

  • ボールはつかめ!
  • ひじは伸ばせ!

ということですね

最後に、イメージをつかんでもらうために、わたしが実際にシュートしてみました。

YouTubeではなく、Vimeoの動画です。

パスワード付きの動画なので、この記事をお読みのあなた限定の動画になります。

どうぞお役立てください。

パスワード:shot

シュートはセンスだ!という人もいますが、わたしはそうは思いません。

シュートこそ練習すれば(教えれば)うまくなるものはないからです。

正しいフォームで反復練習あるのみです。

がんばってください。応援してます!

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!