コーチング

【バスケ】シュートフォーム 難しく考えなくていい

こんにちは、三原です。

今回は「シュートフォーム 難しく考えなくていい」というお話です。

シュートフォームは本当に難しいの?

 

今まで、たくさんのバスケットボール選手を見てきました。シュートが良く入る子もたくさんいました。でも「あの子のシュートはなぜ入るのか?」はよくわかりませんでした

 

というのは、人によってフォームが全然違うからです。多くの教科書に書かれているように、こと細かに教えてみても、それがぴったりハマる子と、まったくうまくならない子がいます。また、うまい子の真似をさせて「あの子みたいに投げてごらん」と教えてみても、あんまりうまくいきません。「正しいフォームの共通点は何なのか?」。この言葉が、わたしの頭のなかをぐるぐる回ります。

 

フォームを観察するだけじゃだめだと思ったわたしは、良くシュートが入る子に「何を考えて打ってるの?」と質問しました。生徒の言葉から、共通点を導き出そうとしたのです。しかし、どの子も「なんとなくです」、「まっすぐ投げようとしてます」くらいの答えしか返ってきません。わたしのイメージした答えとはかけ離れています。

 

でも、毎年生徒たちの声を聴いていくうちに、ある仮説を立てました。「シュートフォームは、わたしが考えているほど、難しいことを気にしなくていいのではないか?」ということです。良く入る当の本人は、細かいことなど気にしていないのですから。そう考えると、わたしがしていた指導は、まったくもってコスパの悪いことをしていました。すごく細かいことに神経を使わせて、選手を迷わせていたのです。腕の角度が違う、足の開き方がちがう、もう5センチ右だ、左だ、とどんどん口うるさくなっていく自分に気がつきました。

 

細かいことを気にすればするほど、シュートが入らなくなる。でも、シュートの指導書には、細かいことが書いてあります。ある指導書には良いとされていることも、別の指導書にはダメと書いてあったりします。

 

なるべく細かいことを見つけ出そうとしていたわたしは、それまでの追及を一切やめて、逆に「たったひとつだけ意識しなければならない点はどれだ?」という探求に頭を切り替えました。すると不思議と、今までまったく別々に見えた子供たちのシュートフォームから、ひとつの共通点が見えたのです。

 

それは「ボールをつかんで、肘を伸ばす」ということ。たったそれだけでした。

 

わたしは高校時代、恩師の金子先生という方に、シュートフォームを丁寧に教わりました。そのおかげで、今でもシュートは良く入ります。その先生の口ぐせは「ボールをつかめよ」「肘をのばせよ」この2つでした。

 

指導者になってフォームを深堀しようとしたわたしは、この大事な教えを忘れて、迷子になっていたのです。

 

若い選手、そして指導者の方にアドバイスです。シュートフォームを難しく考えないでください。「ボールをつかんで、肘を伸ばす」これだけできれば、必ずシュートは入ります。逆に言えば、それ以外のことは気にしなくていいです。

シュートフォームについてわたしがまとめた記事はこちらです。

動画もあって、わかりやすいです。正しいシュートフォームの「完全攻略本」です。

→ https://note.com/coach_mm

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる