コーチング

【バスケ】シュートフォーム シューティングラインをまっすぐにする練習

こんにちは、三原です。

今回は「シューティングラインをまっすぐにする練習」というお話です。

体育館には、いろんなラインが引かれていることと思います。

バスケットコートはもちろん、バレーコート、バトミントンのコート、いろいろありますよね。

そしておそらく、ゴールの「まん中」に直線が引かれている体育館、多くないですか?

わたしのチームの体育館にはメインゴールのまん中に、サブコートのセンターラインが引かれています。動画では緑色のラインです。それを利用します。

もしなければ、ラインテープで作ってくれても良いですし、イメージだけでも大丈夫です。

動画では緑のラインがまん中なので、そこに右足(わたしは右利きなので、すべて右手のシュートで説明します。左利きの方は、左と置き換えてください)を乗せます。

そして、右足親指から右手の人差し指まで、シューティングラインが緑のラインと一体化するようなイメージを持ちます

そのシューティングラインの頂点で、親指と小指のレールを作ります。ギュッとボールをつかんで、投げるときはしっかりと肘を伸ばします。ボールが人差し指から離れれば、まっすぐなバックスピンがかかるはずです。

動画ではイメージしやすいように、真横向きにもシュートをしています。まっすぐのレールを作りイメージを持つため、くり返し動画を見てください。

「ボールをつかむ」という感覚は、次の手順にすると理解しやすいです。

  • ボールのライン上に親指と小指を乗せる
  • すると人差し指がボールの中心になっていることが分かる
  • 最後は人差し指から離れる

という感じでボールをつかんでください。

人差し指がまん中」というイメージがわかればオッケーです。

 

シュートフォームについてわたしがまとめた記事はこちらです。

動画もあって、わかりやすいです。正しいシュートフォームの「完全攻略本」です。

→ https://note.com/coach_mm

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する