コラム

シュートは40%入れれば勝ちますよ

こんにちは、三原です。

わたしはかれこれ、18年も高校男子バスケを指導しています。

その18年間で、一貫して行ってきたことがあります。それは

データを取ること

試合をしたら、必ずそれを記録にしてきました。

客観的に試合をふり返り、PDCAサイクルを回せるからですね。

そして、具体的にある1つの信念が生まれました。それは

シュートは40%入れれば勝つ

これなんです。

40%って、低いと思うじゃないですか?

でも、これでほぼ勝ちます。

詳しく言うと42.5%なんですが、まあわかりやすく40%でいいと思います。

5本打って、2本ですね。

ぜひ、あなたのチームの試合を分析して、すべてのシュート率が40%を超えているかどうか、チェックしてみてください。

たぶん、この話を納得してもらえるはずです。

そして、ここからが大事ですが、どうやってこの理論を達成するかを考えましょう。

シュートは40%入れれば勝つ

そのための具体的な作戦を立てる

たとえば、あなたのチームに体の大きいセンターがいるとしましょう。

それであれば

  • ゆっくり攻める
  • センターにボールを集める
  • ゴール下のシュートを増やす

こういった理論がいいかもしれません。

逆に大きい選手がいないチームであれば、スピードを武器にして

  • プレスを仕掛ける
  • 速攻で攻める
  • セットになっても、動きを止めない

こんな戦い方がいいかもしれません。

なにを選んだとしても、正解はありませんし、すべて正解です。

完全完ぺきな作戦などないですが、1つの戦い方を決めたら、それを貫いて試合をしてみるのがいいでしょう。

そして、その作戦を立てるうえで大事になるのが「シュート40%」という数値目標なのです。

ぜひあなたのチームでも、それを考えてみてください。

バスケがますます楽しくなるはずです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また!

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!