バスケットボールコーチ・三原学のブログ

パスが出せないときの対処法(バスケットボール セットオフェンス指導法)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は、「パスが出せないときの対処法」というお話をさせて頂きます。

 

今まで、私が考えるバスケットボールのセットオフェンスについてお話をしました。

前回の内容はセットオフェンスのまとめについてお話しました。

しかし、私の経験上、強い相手と戦うときは、予定通りのセットオフェンスができないことの方が多いです。ここで右にパスしようとすれば「ディナイ」される。スクリーンには「スイッチ」される。そのような攻撃的なディフェンスに対してパスが回らないときの対処法を指導しておかないと、無理矢理に予定通りのオフェンスをやろうとして、結局ミスで終わるということが多くなります。

そこで今回は、パスが回らない代表的な場面をいくつか取り上げて、その具体的な対処法を紹介します。

①45度にパスができない

45度にパスが通ることは、オフェンスのスムーズな始まりを意味します。そのため、ディフェンスからすれば、最もディナイを強めるところでもあります。Vカットをしてしっかりとディナイを振り切りたいところですが、それでもパスが通らないことが多くあります。

この時は「ハイポストにフラッシュ」しましょう。

#5にパスが通れば、それと同時のタイミングで#2がゴールに走れば「バックドアカット」が成功するはずです。これをされるとディフェンスはショックです。1試合に1回だけでも、とても効果のあるプレイです。

 

②ロ―ポストにボールが入らない

45度からロ―ポストにパスが入らない場合は、長くそこに立ち止まると、ますますパスが入りにくくなります。たとえパスが入っても、ディフェンスに読まれているので、簡単に囲まれてしまいます。

目安は2秒くらいです。2秒シールしてももらえなければ、「逆サイドにスクリーン」に行きましょう。このスクリーンは制限区域を横切るので「クロスコートスクリーン」と呼ばれますが、私はボールから遠ざかるので「マイナスのスクリーン」と呼んでいます。

このスクリーンの利点は、ゴールから近い位置でノーマークを作れることです。ディフェンスがふつうについてきたらユーザーがノーマークになりますし、スイッチしてきたらスクリーナーがシェイプアップすればノーマークです。

③45度とローポストの間でスクリーンをかけてノーマークを作る

単純にVカットするだけではノーマークが作れなくても、45度とローポストの間でスクリーンをかけ合えば簡単にディフェンスを振り切ることができます。具体的には「スタック(ローポストは動かずにスクリーナーになる」、「ダウンスクリーン」、「バックスクリーン」の3通りです。

ダウンスクリーンとバックスクリーンを使うと、インサイドとアウトサイドのプレーヤーが入れ替わることになります。もし、アウトサイドの選手がローポストのパワープレイができるならば、非常に効果的です。ぜひ練習してください。

 

④ショートコーナーを使う

特にセンターの選手が低身長の場合、有効なプレイです。

背の低いセンターに最初からローポストに立たせてもインサイドにパスがしずらいため、最初はわざと外に開いておきます

図のようにショートコーナーでパスを受けて、45度にカットさせてそれからポストに入る、というようにすると、ディフェンスはつられて広がりますのでチャンスになります。

 

以上のような選択肢があります。

ここで大事なことは、これらを形として教えるだけでなく、選手たちが判断して、ディフェンスの逆を突く動きができるように育てるということです。

シューティングドリルなどの空動きの練習も大事ですが、実際にディフェンスをつけてみて判断力を養う練習も同時に行ってください。

今回で一連のセットオフェンス指導法については終了したいと思います。

私が現在考える、マンツーマンのオフェンスをお話ししました。

ゾーンに対して、またプレスに対するオフェンスや、速攻の出し方などはまた改めてお話させていただく予定です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.