『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

ローポストに入れた後、どうする? (バスケットボール セットオフェンス指導法)

2019/03/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ローポストに入れた後、どうする?」というお話をさせて頂きます。

前回は「5m5角形」ということで、まずはローポストにボールを入れる重要性を説明しました。

今回はその続きとなります。

ローポストにシールした#5が#2からパスを受けた場面です。

#5は1対1でディフェンスを破り、シュートに行けることが一番良い選択肢です。

しかし、それをやろうとすると、必ずや#2のディフェンスにカバーに寄られます

寄られたら#2に返して、#2が外からシュート、というのも1つの考え方です。

しかし私は、それは「もったいない」と感じます。

なぜならば「ゴール下のシュートではなくなってしまうから」です。

攻めて攻めて、最後にノーマークの外のシュート、ならば良いと思います。

しかし、まだオフェンスが始まったばかりなのに、外のシュートで終わってしまうのはもったいないです。

ゴール下でシュートできるなら、その方が良いからです。

まずはしつこくチャンスを狙うべきなのです。

では、具体的にどうするのか?

私は、#2にバスケットカットするように指導しています。

こうする利点は以下のようなものです。

  • #2が走れば、リターンパスをもらってランニングシュートに行けるかもしれない。
  • #2がもらえなくても、そのまま自分のディフェンスを連れていくことができる。つまり、#5が1対1するためのスペースを作ることができる。
  • #5がシュートしても、#2は走りこんだままリバウンドに入れる。

ただ止まっているだけだと、良いシュートにつながりません。

#2がゴールに向かって走るだけで、これほど良いことが増えます。

良いことが増えることは、やるべきです。

さて、#2がゴールにカットすると、ボールサイドの#45度が誰もいません。

このままにしておくと、もし#5が攻められなくてパスを返そうとしても、返す味方がいなことになります。

そこで、トップにいたガード#1が、45度にミートしましょう。

このとき、ただ歩いて45度に行くのではなく、

一度逆にフェイクしてから(Vカット)、ダッシュしてミートします。

こうすれば、#5はパスを返せるでしょう。

このとき#1はシュートが打てれば、今度はシュートしても良いです。

なぜならば、#2が走りこんでいるので、リバウンドも準備できているからです。

 

また、#5はパスを返した後、もう一度ディフェンスを押し込んでローポストアップしましょう。

#5を守るディフェンスからすると、パスを返した瞬間が一瞬気を抜くところだからです。

このとき、即座にもう一度ローポストアップすると、さらにゴール下でよいポジションが取れます。

#1はゴール下の#5にリターンパスを出してシュート、となれば最高です。

まとめます。

  1. #2はローポストの#5にパス。
  2. #2はバスケットカット。
  3. #1は空いた45度のスペースにミート。
  4. #5は#1にパスを返す。
  5. #5は即座に再ポストアップ。
  6. #1からパスにもらう。

ここまでしつこくゴール下を攻めれば、すばらしいです。

相手にとっては困ること間違いなしです。

 

貴重な時間に最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.