バスケットボールコーチ・三原学のブログ

5角形のスペーシング (バスケットボール セットオフェンス指導法)

2019/03/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「5角形のスペーシング」というお話をさせて頂きます。

前回、「セットオフェンスの7原則」というお話をしました。

今回からは、私が具体的にどのようにオフェンスを指導しているかという紹介です。

現時点で三原学が良いと考えていることであり、スペシャルレシピはありません。

これが正解、というものもありません。

ただ、私が信じているだけです。

参考にしてもらえればと思います。

さて、私は常に「5mの5角形」というスペースを基本に指導しています。

トップにガード、45度にフォワード、そしてローポストにセンターという5角形です。

いろいろなアイデアがあるかと思いますが、私は必ずセンターをローポストに置いて5角形の頂点を描くスペーシングを指導します。

もちろん、センターは長身選手が良いとこに間違いはありません。

しかし、175cmのセンターしかいなくても、基本的にこのスタイルで指導してきました。

今まで現在のチームで指導してきた12年間、このスタイルは変えていません。

なぜ、ローポストにこだわるのか。

それは、当たり前な話ですが、ゴール下のシュートが最も高確率だからです。

アウトサイドシュートは、どんなに優れたシューターでも40%ほどしか入りません。

しかし、ゴール下のシュートでは、おそらく70%は入れることができます。

さらに、ゴール下のプレイはファウルを誘うことができますから、フリースローを得れば、これまた高確率な得点が期待できます。

外のシュートはもちろん大事ですが、「まずはゴール下を攻めなさい」と常に指導しています。

具体的には、図のようなスペーシングになります。

トップの#1がボールを運びます。

このボールをもらうために、両ウイングの#2、#3はVカットしてディフェンスを振り切りましょう。

#1はより良い状態の味方にパスをします。図では#2にパスをしました。

#2は必ずゴールを向いて、状況を見て判断します。

自分のシュート、ドライブで相手を抜くことはもちろん狙いますが、まずは「インサイド」を見ましょう。

そして、ローポストの#5にパスを出します。

ポストに出すパスは、ディフェンスが近い状態の味方にパスを出すことになるので、2対2の練習などをくり返しておく必要があります。

ここで#5がパスをもらえて、すぐにシュートができれば、これほど良い攻撃はありません。

まずは45度からローポストにボールを入れて、インサイドを攻める

攻撃のはじめはこれが良いと思います。

多くのNBA、Bリーグなどのチームでも、この単純なプレイをしています。

観戦の時は、ぜひその辺も見てみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.