コーチング

接戦の試合でコーチが気をつけること【バスケのコーチング】

こんにちは、三原です。

接戦時はベンチワークが大事です。

「1桁差はコーチの責任」なんていう人もいます。

そのくらいバスケではベンチからの指示がカギを握るわけです。

わたしの経験から、接戦時に大事だと思うことをまとめました。

YouTubeでも解説しています。

聞き流しでもOKなので、ぜひご覧ください。

勝負のメンバーを決めておこう

「この試合は競るな」と思ったら、まずは覚悟を決めましょう。

そして、第4Qの勝負を任せる5人を誰にするのかを決めるのです。

日頃の信頼

スタメンを決めておくわけですが、それを同じように、接戦での5人も決めておくべきです。

わたしが考える基準は、やはり人間性。

  • 残り1秒
  • 1点負けてる
  • フリースロー

そんな時に誰なら任せられますか?

そんなことを考えると、たんにシュートがうまい人だけじゃないはずです。

日頃の生活からしっかりできてる人。これを信頼すべきでしょう。

もちろん技術も大事ですが、信頼できるかどうかを加えて考えるべきです。

その日のエースに打たせろ

加えて、その日に調子のいい選手も把握しておきましょう。

試合になれば、必ず好不調の波があります。

そんな波を把握して、その子にシュートをどんどんさせるのも大事なことです。

  • 普段から決めておく5人
  • プラス、その日の調子

この観点で、最終的な5人を決めるといいですね。

ファウルの数

わたしは10分間に1回までと考えています。つまり

  • 前半で2回
  • 後半で4回

やったら、いったんベンチに下げるべきです。

そして接戦では、4つファウルをしているエースプレイヤーをコートに戻すタイミングが重要です。

わたしの感覚では、残り8分くらいからは戻したいですね。

「ちょっと早いんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。でもレフリーはできるだけ5ファウルを吹きたくないものです。

よほどの明らかなファウルをしない限り、4ファウルは粘ります。

だから早めに戻すべきというのがわたしの考えです。

タイムアウトは1つ残しておく

タイムアウトは、遅すぎるより早い方がいいです。

でも、接戦のときは最後の1つは残しておきましょう。

その1回のタイムアウト、そしてスローインで勝敗が分かれるからです。

10〜15秒で1回のオフェンス

タイムアウトで指示をするときに、1回のオフェンスは10〜15秒ほどということを覚えておきます。

つまり、残り20秒でタイムアウトを取ったならば

  • まず自分たちのオフェンス
  • その次のディフェンス

この2つを指示しておかなきゃいけないってことです。

タイムアウトは別にしても、この「10〜15秒で1オフェンス」という計算は、とても役に立ちます。ぜひ覚えておきましょう。

スローインの選択

残り2分を切ったときは、マイボールでタイムを取れば、スローインを選べます。

  • フロントコートで14秒
  • バックコートで24秒

この2つを選べるわけですね。これも事前に考えておきましょう。

原則はフロントを選ぼう

接戦なら、基本的にフロントを選ぶべきです。

  • 負けてるときは、すぐにシュートに行ける
  • 勝ってるときは、プレスにかからない

というのが理由ですね。

特にボール運びを省略できるというのは、大きなメリットです。

基本的には、14秒のフロントコートを選びます。

運びに自信があるならバックコート

ただし、フロントを選ぶデメリットは「14秒しか与えられない」ということです。

例えばこんなとき

  • 1点勝ってる
  • 残り18秒
  • マイボールでタイムアウト

こういうとき、基本的にフロントがいいんですが、「14秒」なので残り「4秒」が相手に与えてしまうことになります。

この4秒を与えないことを引き換えに、バックコートで24秒を使い切る選択をするのはアリですね。

試合の状況から「この相手のプレスにはかからないな」と運びに自信があるときは、この選択肢も考えておきましょう。

ただし、バックコートでミスると、すぐにシュートされるリスクはあります。

むずかしいところですね。

できれば練習をしておこう

以上が接戦時に考えるべきことでした。

接戦は、わたしは好きです!やっぱり楽しいからですね。

できれば練習の5対5で、接戦を練習しておくことをオススメします。

  • 残り35秒
  • 1点差
  • 勝ってるチームのディフェンスから

とかのゲームをやっておくと、感性がみがかれるのでオススメですよ。

ありがとうございました。三原学でした。

それでは、また!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する