コーチング

なぜルールがあるのか? それがわかるとバスケがうまくなる 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「なぜルールがあるのか? それがわかるとバスケがうまくなる」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. ルールの成り立ちがわかる
  2. どのようなプレイが「ナイスプレイ」と言えるのか、その考え方がわかる

バスケにはいろいろなルールがありますね。

  • 24秒
  • 3秒
  • トラベリング
  • ファウル

細かなものまでたくさんあります。

コートの広さも「28m × 15m」に決められています。

それぞれのルールはなぜできたのかを考えると、ちゃんと理由があるのです。

例として「3秒バイオレーション」を考えましょう。

これは1950年頃、NBAにはジョージマイカンという圧倒的なセンターがいました。

レイカーズはマイカンを中心に3連覇をしたチームです。

このマイカンの得意技は「フックシュート」

左右どちらの手でも正確にシュートすることができました。

「マイカンドリル」って今でも有名ですよね。左右でフックシュートをくり返す練習方法です。

それをつくった人がマイカンです。

 

ゴール近くでマイカンにボールを持たれたらもう負け。無敵だったらしいです。

レイカーズの作戦は当然「マイカンにボールを入れろ」です。

そりゃそうですね。パスが通れば2点みたいなものですから。

マイカンは体を張って、ゴール下にポジションを取り続けます。

最初のうちはディフェンスもがんばりますが、3秒、5秒と時間がたてばたつほど、ボールを入れられてしまいます。

こうなるとディフェンスは守りようがないのです。

圧倒的に有利なマイカンを止める方法として、ルールが変更されたのです。

それが「3秒」バイオレーション。

  • マイカンを止めるのは不可能
  • だからルールで制限区域というものをつくって
  • その中には3秒以上いてはいけない

と決めました。

だから逆に言えば、あなたがマイカンじゃなくても

3秒ギリギリまでいたほうが、オフェンスは有利

ということが言えるのです。

なぜなら「3秒以上はもう守りようがないから」できたルールなので。

トラベリングもそうです。

  • 3歩以上歩いてはいけない
  • かりに3歩以上歩けるとしたら、
  • 絶対に守れない
  • だからルールで決めておこう

ということになります。

  • ボールを持つ人が走ったら、止められない
  • だからせいぜい2歩までにしましょう
  • 3歩歩いたら相手ボール

というようにできたのがトラベリングのルールです。

 

ここまでわかれば、何がナイスプレイなのか、もうおわかりですね?

つまり「ルールぎりぎり」がナイスプレイなのです。

ルールは超えたら守れないもの

  • 3秒以上いたら、守れない
  • 3歩以上歩いたら、守れない

だからそのぎりぎりを突くわけです

  • 3秒ぎりぎりは、守りにくい
  • 3歩ぎりぎりのステップは、守りにくい

となります。

  • 24秒ルールも、時間いっぱいまで使えば、ディフェンスは守れないのです。
  • コートの広さも、めいっぱい使ったら、ディフェンスは守れないのです。

だからルールになってるわけです。

「ルールぎりぎり」というのは、悪いことのようにとらえる傾向があります。

  • 24秒ぎりぎりのシュートは苦しいシュート
  • トラベリングぎりぎりのステップは怪しい

でも、ルールの成り立ちを考えれば、共通して「それ以上は守れないからルールになってる」ということですから、

ルールぎりぎりを目指して練習した方が良いのです。

ルールぎりぎりがナイスプレイ。

これはぜひ覚えておくべき合言葉なのです。

 

最後までお読みくださり感謝します。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!