コラム

実戦練習か?それとも反復練習か?

こんにちは、三原です。

先日こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1334064516796092418?s=20

コーチ仲間でよくある議論ですが、

  • 実戦練習がいいのか?
  • 反復練習がいいのか?

という話です。

実戦練習とは、5対5をやったり、練習試合をしたり。「ライブ」の状態でプレイする練習です。

一方、反復練習とは、形の練習ですね。フォームを身につけるための「ドリル」です。

わたしの考えとしては

  1. まず反復で体に覚えさせる
  2. そうすると余裕が生まれる
  3. 実戦での状況判断がよくなる

という順番です。

例えばドリブル。

初心者の子に、ひたすら1対1の実戦練習をさせても、うまくなるのが遅いです。

まずはダムダムと反復練習。

正しいボールのつき方やドリブルチェンジの仕方。

  • ボールは見ないでつこうね
  • できるだけ強くつこうね
  • 姿勢はこうだよ

なんてことを反復します。

最初はぎこちないものの、しばらく続けると「習慣化」が起こるので、ボールを見なくてもドリブルができるようになってきます。

こうなったら1対1の実戦練習です。

ドリブルに気を取られないので、ディフェンスの状況がよく見えます。なので状況判断がうまくできます。

バスケは状況判断のスポーツであり、習慣のスポーツです。

だから

  1. 最初は反復
  2. 余裕が出てくる
  3. 実戦で判断力をつける

という順番でうまくなるのが最短距離だと思ってます。

逆によくないのが、どっちか「しか」やらない人。

  • ひたすら練習試合
  • 基礎練あるのみ

こういうチームづくりをしている人は、必ず失敗するでしょう。

反復練習はインプット。

勉強に例えると、授業を受けたり、宿題をしたりする地道な時間です。

一方で、実戦練習はアウトプット。

勉強でいうならば、テストです。

テストばっかり受けてもしょうがないですよね?

逆にまったくテストなしも、意味ないでしょ?

ということをバスケでも置き換えて考えましょう。

インプットとアウトプットが50%ずつくらいがいいと思ってます。

どうしても反復練習はつまらないのですが、それはとても大事だよ。というお話です。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する