オフェンス

【重要】リバウンドとセフティーを作ろう バスケのオフェンスで最も大事なこと

こんにちは、三原です。

先日、こういったツイートをしました。

ということで、

攻撃は最大の防御

って言葉、聞いたことありますよね?

これバスケに例えると、「とにかくいいから攻めまくれ」っていう意味じゃなくて、

オフェンスの時こそ、守りを意識しろ

ってことだと思うんです。

もっと言えば、シュートで終わりじゃなくて、

リバウンドとセフティーの形を作れ

ってことだと、わたしは思ってます。

ここであえてブログ記事にしたのは、多くのチームがそれをやってないからです。

わたしの指導でも、ここは疎かになりがちで。シュートしたらオフェンスは終わりだと思っちゃうんですよね。

でも大事なのは、リバウンドとセフティ。

この記事をきっかけに、あなたのオフェンスがより良いものになれば嬉しいです。

YouTubeでも解説しています。

わたしの動画は「耳でも学べるバスケ」がコンセプトなので、聞き流しだけでもお役に立てます。ぜひどうぞ。

まずは3人リバウンドに行け

まず大事なことは、リバウンドに行くことです。

「何を当たり前な」と思うかもしれませんが、これを口酸っぱく言うくらいがちょうどいい。

わたし思うんですけど「〇〇しすぎ」って言葉、リバウンドには当てはまらないんですよね。

 

あいつはシュートしすぎ

きみはパスしすぎ

このチームはドリブルしすぎ

って言葉はありますが

あなたはリバウンドしすぎ

ってシンプルに褒め言葉でしかないですよねww

最近はオフェンスリバウンドに行かない5アウトのオフェンスも流行っていますが、わたしに言わせれば、それを邪道です。

必ず3人はオフェンスリバウンドに行きましょう。ポジションはこうです。

ふつうは3、4、5番の3人が行くべきです。チームで誰がオフェンスリバウンドに行くのか、約束事を決めておきましょう。

1人はロングリバウンド

3人はゴール下に行きますが、大事なのはロングリバウンドです。

これは「大きくはねたこぼれ球」を拾うためのポジションです。

シューティングガードが、フリースローライン近辺に行きましょう。

ここにいれば、3ポイントシュートなど、大きく跳ね返ったボールを拾うことができます。

また、リバウンドが取れなくても、あえてチップアウトして、ボールをはじき出すこともできるんです。

全員がゴール下に入るんじゃなくて、1人はロングリバウンドを配置しましょう。

もう1人はセフティ

最後の1人はセフティです。

センターライン方向に下がります。

目的は逆速攻を防ぐためですね。通常はポイントガードがここに行きます。

下の図の「1」ですね。

「Yポジション」から戻りへ

ということで

  1. 3人がオフェンスリバウンド
  2. 1人がロングリバウンド
  3. もう1人がセフティ

というポジションが完成形です。

わたしはこれを「Yポジション」と呼んでいます。アルファベットYの形してるでしょ?

リバウンド!

セフティ!

Yポジションだぞ!

コーチは常に言い続けましょう。

どうしても選手はシュートを打ったら終わり、という気持ちになってしまいがちです。

それをコーチは思い出させてあげてください。

戻りも早くなる

オフェンスリバウンドに入る意味は、たんにリバウンドを撮るためだけじゃありません。

取られた後も、戻りが早くなるからです。

例えば、下の図のX4にリバウンドを取られたとしましょう。

でも、Yポジションを取ってるから、近くに誰かいるはずです。この場合は4ですね。

この4が、リバウンダーにちょっとだけプレッシャーをかけます。

そうして時間を稼いでいる間に、他の4人がハリバックする。

これが最高のトランジションディフェンス(戻り)だと思います。

オフェンスリバウンドに行くからこそ、ボールも止められて、時間も稼げる。

だからこそハリバックができるんです。

リバウンドに行かなければ、そもそもリバウンドが取れない以上に、すぐに速攻のパスを出されちゃうから、戻る時間も稼げない。

ここは大事なところです。

選手はシュートで終わり、と気が抜けがちです。それをぜひコーチが意識を持たせて、オフェンスリバウンドとセフティーまでやれるチームにしましょう。

きっと今よりも強いチームになれること、まちがいなしです!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!