コーチング

リバウンドのコツと練習方法を紹介【バスケ】

こんにちは、三原です。

今回は「リバウンドのコツと練習方法を紹介」というお話です。

  • リバウンドの意識が低くて困っている
  • リバウンドの良い練習方法が知りたい!

きっとそう考えてこの記事にたどり着いたことでしょう。

この記事では、リバウンドのコツと具体的な練習方法を紹介します。

これを書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で、「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報発信を毎日しています。

リバウンドのコツと練習方法を紹介

「リバウンドを制するものは試合を制する」という言葉があるくらい

リバウンドは試合で超重要です。

  • シュートしすぎ
  • パスしすぎ
  • ドリブルしすぎ

「〜しすぎ」という言葉はバスケで使われますが、

リバウンドしすぎ

という言葉はあり得ません(笑)

取れば取るほど、チームの勝利に貢献です。

わたしの考えでは、リバウンドで大事なことは2つあります。

  1. 予測
  2. 競争心

そして練習方法としては

  1. フォーム作り
  2. 1対1
  3. 1対2
  4. 3対3勝ち残り

ひとつずつ詳しく述べていきますね。

リバウンド練習は「予測」と「競争心」

リバウンドで大事なのは、まずボールがどこに落ちるかを予測することです。

  • 遠くから打てば、大きくはねる
  • サイドから打てば、逆にはねる

みたいな予測です。

それともうひとつ大事なのは「競争心」。

絶対に取ってやるぞ、という意欲です。

だから練習を考えるときに大事なのは

  • 型よりも競争
  • ワンパターンよりも不確実

であることが大事で、つまり「ゲーム性」を持たせるべきなのです。

フォーム作り

最初は、リバウンドの取り方を教えましょう。

フォームの詳しくは、わたしの過去記事をお読みください。

リバウンド、ブロックショット、ルーズボール 【バスケ理論】

バックボードにボールをぶつけて、そのボールをキャッチ

という単純な練習で良いです。

注意すべき点は

  • ボールはあごの下にキープ(下げない)
  • 着地の足幅は広くする

ですね。

1対1

ボールを持った選手が、フェイントをかけてシュートします。

ドリブルはしません。

それにディフェンスはシュートチェックして、スクリーンアウトします。

これが「ボールマンのリバウンド練習」ですね。

もうひとつは

  • コーチがボールを持ってシュート
  • オフボールの1対1でスクリーンアウト

という練習です。

オフェンスがボールを取ったらシュートまで行く、というようにすれば

ゲーム性があっておもしろくなります。

1対2

とってもオススメの練習です。

  • 3人がゴール下にいます。
  • フリースローラインにボール持った人がいます。
  • シュートしたら、3人がリバウンドを争います。

誰か1人がリバウンドを取りますよね。

その瞬間、1対2になります。

つまり2人がディフェンスです。

  • 1人のオフェンスは、頭と体を使ってシュートまでいきましょう。
  • 2人のディフェンスは、ファウルギリギリで激しく守りましょう。

そしてシュートが入っても、そのボールをそのまま奪い合います。

2本先取、3本先取とかで競い合います。

これは「ジャングル」とか「スクランブル」とか呼ばれるドリルで、

予測、競争、すべてが含まれた激しいドリルです。

3対3勝ち残り

ふつうにハーフで3対3をします。フリーで攻めてください。

違うのは

  • シュートが入っても
  • オフェンスがボール取ったら
  • 攻め続けて良いよ

というルールにすることです。

こうすると、選手たちは喜んでオフェンスリバウンドに行きます。

取られ続けると一生ディフェンスですから、自然とスクリーンアウトします。

シュート入ってもそのまま奪い合う

というアイデアをわたしが考えたのは、理由があります。

過去の指導で

  • どうしてリバウンドの意識が低いんだろう?
  • どうしてスクリーンアウトを毎回してくれないんだろう?

と悩む時期がありました。

そのとき、生徒たちのプレイをじっくり観察したところ、あることに気づいたのです。

それは「リバウンドの努力は、シュートが入った瞬間にムダになる」という事実です。

どんなにがんばってスクリーンアウトしても

どんなにがんばってオフェンスリバウンドに飛び込んでも

シュートが「パシャ」っと入ったら、ムダな努力になります。

これが続くと「リバウンド行かなくてもいいんじゃね?」となって

リバウンドが習慣にならない原因になります。

これに気づいたわたしは

その努力がムダにならないように練習すれば良いのでは?と考えて

シュートが入っても奪い続けるという設定にしました。

そしたら、みんな喜んでリバウンドやるわけです。

たしかに実際の試合とはちょっと違う状況ですが、

リバウンドの意識は高められるはずです。オススメの練習です。

まとめ「リバウンドを制するものはゲームを制する」

以上がリバウンドでオススメの練習法です。

リバウンド上達のコツは「予測」と「競争心」

良いなと思ったら、まずはそのまま真似てみると良いでしょう。

そのうちに、きっと練習をアレンジしたくなります。

ぜひあなたのチームに合わせてやってみてください。

リバウンドのコツと練習方法、というお話です。

 

【あなたへのオススメ】

わたしの「バスケ教科書」です。

電子書籍なので、もしよければクリックしてご覧ください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する