コーチング

【バスケ】シュートフォーム 「レール理論」腕はまっすぐ伸ばす

こんにちは、三原です。

今回は「シュートフォーム 「レール理論」腕はまっすぐ伸ばす」というお話です。

「レール理論」という言葉は、わたしが考えた言葉です。「レール」とは電車のレールのことです。これだけだと意味不明ですよね?

先に述べたように「ボールをつかんで、肘を伸ばせ」というシンプルにシュートフォームを捉えたわたしは、頭がすっきりしました。そして、シュートが入らなくて悩んでいる生徒には、次のような順で教えたのです。

  • まず、親指と小指でボールをギュッとつかんでください
  • これが電車の「レール」だとイメージしましょう
  • このレールが、リングに向かって真っすぐ伸びるようにイメージします
  • ボールは人差し指から離れます

こうすると、とりあえずボールはまっすぐ行きます。必ず。

体の向きが正対するとかしないとか、足の開きがどうとかは、とりあえず無視でいいです。

 

ボールをつかんで、肘を伸ばすということを理解したら、次に下半身までイメージをつなげます。

読んでいるあなたも、リングが近くにあると思ってやってみてください。

  • 右手の人差し指でリングを指さしましょう
  • その指先から「手首、肘、肩、腰、膝、足首」と1本の線が貫いて
  • 右足の親指までつながっていると思ってください。

このラインを「シューティングライン」と言います。これをまっすぐにするイメージを常に持つのです。そして、ラインの最先端である手では、親指と小指でギュッとつかまれたボールがありますね。それをレールに乗せてリングに届ける。そんなイメージです。

 

  • シューティングラインをまっすぐにする
  • 親指と小指でボールをギュッとつかむ(→これがレール)
  • レールがリングにつながっているとイメージする
  • ボールがそのレールを飛んでいく

 

こういうイメージが持てれば、必ずシュートがうまくなります。このレール理論という言葉。シュートで伸びた腕が「電車のレールみたいだな」と思いついたのは娘のおかげです。

わたしにはこの文章を書いている現在、3歳の娘がいます。娘はいろいろな遊びが大好きですが、電車のおもちゃで遊ぶのが好きなのです。ある日わたしも一緒になってプラスチックのレールを敷き、電車を走らせて遊んでいたら「あっ!!」と思いついたのです。この電車のおもちゃが絶対にまっすぐ走るのは、レールがあるからだ。シュートフォームは電車のレールを作りさえすればいいんだ。こう考えてから「レール理論」と勝手に名づけて、シュートを教えるようにしています。この教えをしてからは、悩んでいる子は悩まなくなり、シュート率は確実に上がった子が増えたと確信しています。娘に感謝しています。

 

シュートフォームについてわたしがまとめた記事はこちらです。

動画もあって、わかりやすいです。正しいシュートフォームの「完全攻略本」です。

→ https://note.com/coach_mm

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる