ディフェンス

「ポジション・ビジョン・トーク」 チームディフェンスの3原則 バスケのマンツーマンをわかりやすく

こんにちは、三原です。

  • チームディフェンスのやり方が知りたい
  • チームでどんな約束を決めておくかわからない
  • 具体的になにをやればいいの?

こんな悩みを解決する記事です。

チームディフェンスの3原則は

  1. ポジション
  2. ビジョン
  3. トーク

この3つです。

ポジション = 正しい位置取りをする

ビジョン  = ボールとマークマンを見る

トーク   = 声を出して連絡する

これができれば、チームでディフェンスできます。

「みんなでがんばろう」だと漠然としていて根性論ですが、「ポジション・ビジョン・トークをやろう」となると具体的で、プレイに結びつけやすいです。

動画講義はこちらからどうぞ。

音声だけ聞き流してもらっても、理解できるようにつくってあります。

ポジション

マンツーマンディフェンスの姿勢には3つあります。

それぞれのディフェンスについては、過去の記事で詳しく解説しているので、上のリンクからそちらをみてください。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

図で見るとこのような感じになります。

  • Aがボール
  • BとCがディナイ
  • Dがピストル

ですね。

ボールが空中にあるうちに「ジャンプ」

ボールがパスをされたら、空中にあるうちにポジションを移動します。

これをジャンプ・トゥ・ザ・ボールといいます。「ボールに飛びつけ」ってことです。

ディフェンスが弱い原因は、ジャンプが遅かったりすることが多いので、とても大切です。

写真で見ると正しいジャンプはこんな感じ。

ボールマンの姿勢からスムーズにディナイにジャンプできてますね。

一方で、遅れているとこんな感じです。

完全に遅れているのがわかります。

ボールが空中にあるうちにジャンプ、です。

「オデデオ」の順を取ろう

正しいポジション取りは、ボールから直線上に

  1. オフェンス
  2. ディフェンス
  3. ディフェンス
  4. オフェンス

この順になることです。

わたしはこれを勝手に「オデデオ」と呼んでます。

「ディフェンスのポジション取り=オデデオを作ること」と言い換えてもいいくらい、重要です。

以上がポジションのお話です。

ビジョン

続いてビジョン。

これはいつでもボールとマークマンを視野に入れましょうということです。

とくにオフボールのディフェンスである、

  • ディナイ
  • ピストル

この2つで大事になります。

合言葉は「顔の前に顔」

ディナイでもピストルでも、共通の合言葉は「顔の前に顔」です。

  • 自分の顔の前に
  • 相手の顔をおく

ということです。下の写真はディナイの場面。

顔の位置関係に注目しましょう。「顔の前に顔」の意味がわかりますね。

一方で、この写真だと負けてる例です。

顔が後ろにいっちゃってます。

これだとボールとマークマン、どちらかを必ず見失ってしまうのです。

だから顔の前に顔です。

トーク

最後は「声を出して連絡しよう」というトーク。

下の図を見てください。そしてこれが無言だと想像しましょう。

これに声を加えます。

後ろのディフェンスが「カバーいいよ!」と大きな声で言ってあげました。

すると周りに聞こえますから、ボールマンディフェンスはこう変わります。

抜かれても大丈夫とわかれば、強気でボールに当たれますよね。

声を出すだけで、ディフェンスが強くなる好例です。

声は技術の3割

後ろから「カバーいいよ!」という大声があれば、味方だけでなく、敵にも聞こえます。

つまりオフェンスはその声を聞いてビビるわけです。

1対1することをあきらめて、パスを返すかもしれません。たった声だけで。

そう、声は立派な技術なんです。

「声で3割増になるよ」とわたしは生徒に教えています。

とにかく大きな声を出してディフェンスしましょう。

まとめ

ディフェンスの3原則
  • ポジション
  • ビジョン
  • トーク
  • ボールが空中にあるうちにジャンプ
  • 「オデデオ」を作り続ける
  • 顔の前に顔
  • 声は技術の3割

というお話です。

まずはポジション、ビジョン、トークを理解し、練習しましょう。

そうすると試合の時でも、反省がしやすいです。

  • ボジションが悪いから、ファウルが多かった
  • ビジョンが悪くて、ノーマークを作ってしまった
  • トークがよかったから、カバーができた

こんなふうに、具体的な振り返りができます。

ディフェンスの3原則、ぜひ大切にしてください。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する